社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。



大の勉強嫌いの私が資格試験に合格するノウハウを編み出した背景には その5【大学時代】

時間は流れて、大学2年の夏休みに入る直前に、リクルートに就職したOBによる在校生向け就活フォーラムがありました。 

 

2年生の段階では卒業後に就職をするという選択肢は具体的にイメージしにくくて、企業研究等もしていませんでしたが、初めて就職活動を意識するきっかけになったこの説明会が私を変えるターニングポイントになりました。

 

続きを読む

大の勉強嫌いの私が資格試験に合格するノウハウを編み出した背景には その4【大学時代】

大学デビューという言葉があります。

 

はてなキーワードによると、

 

高校を卒業して心機一転、大学生となるのを機にこれまでのキャラを変えてリア充大学生へと変身しようとする試みのこと。

 


と説明されています。

 

続きを読む

地域包括支援センターの実態について

今回の記事は、絶対合格ブログの常連さまの一人として、定期的に情報提供をくださるU子さんから、地域包括支援センターにおける社会福祉士の役割を教えていただきました。
 
 
こんなお仕事しています「地域包括支援センター」  U子さんの場合
 
 
私が所属する地域包括支援センターは、市の委託を受けて設置されています。
 
保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員等の専門職が協力して、65歳以上の高齢者を中心に支援しています。
 
主任介護支援専門員 1
 
保健師に準じる看護師 2
 
社会福祉士 2
 
5名が在籍しています。
 

大の勉強嫌いの私が資格試験に合格するノウハウを編み出した背景には その3【大学時代】

周りの同級生や同僚が合格を果たして自分だけが取り残されてしまうことの孤独感や焦燥感は言葉では表せないくらい大きなものですよね。


偏差値50台前半の地方高校から、東京の中堅大学に楽々と推薦入学した私でしたが、期待とは裏腹に、入学早々己の無力さを味わうことになります。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170325111331j:plain

 

続きを読む

大の勉強嫌いの私が資格試験に合格するノウハウを編み出した背景には その2【高校時代】

なんのために勉強をするのか意味がわからないし、わざわざ苦行を選択することはバカげている。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170323190559j:plain

 

 


「絶対放棄」の理論のもと、学業と向き合うことから目を背けていた私でしたが、高校入学後に、学びのやる気スイッチがONになる転機が訪れます。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170323192247j:plain


1年次は、中学時代と同様で全体の成績がクラスで真ん中くらいでしたが、2年次になって文系クラスに分かれてから変革が訪れました。


進級と同時に、小中時代に苦手としていた数学(算数)や化学(理科)といった理系科目がなくなったことが決定打になりました。

更に成績上位者がクラスメイトの前で発表されるという流れになっており、恍惚感、優越感に浸りたいために、向上心に火がついたのです。 

 

小学時代に漢字の成績でクラスメイトからの注目をほしいままにしていた快感がにわかに蘇りました。

 

あの頃のように同級生からの「頭が良いんじゃん」という称賛を手に入れるために、再起を決意しました。

 

理数系の足かせから解かれた今、俺はここで本気になるだけでした。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170323193940j:plain

 

 

早速、期末テストで結果が表れました。 

 

人生初の一桁である4位になれたことから、

 

「なんだ、やればできるじゃん」と、漢字王以来6年ぶりに学びの喜びを味わうことが出来ました。


クラスメイトから、「頭良いんじゃん」と、私の意外性を評価されたことで、ますますやる気が高まりました。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170323194346j:plain

 


その勢いで3年次に進むと、次々と学習の結果が形になって行きました。

 

1学期の総合成績は、最高順位である2位を修められ、

同時期に、無勉で受けた英検準2級にも合格でき、

集大成として評定平均の急上昇によって学校推薦入試で都内の中堅大学への合格をつかみ卒業を迎えられたのです。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170323195726j:plain

 

 

やればやるほど結果が表れ、周囲にも評価される喜びは何物にも代えがたいものでした。

 

出身校で中堅大学合格は、快挙だったので、「自分は頭が良い」とすっかり慢心を覚えていたのです。 

大学でより頭角を現して充実したキャンパスライフを過ごせるのに違いない。

 


浮ついた気持ちで心が躍っていました。

 

 

しかし、現実はそう甘くはありません。

 

上には上があることをすぐに身にしみて痛感することになります。

 

快進撃のまま、満を持して新天地に踏み込んだ私でしたが、漢検3級受験時とは比較にならない挫折が待っていました。 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170323200216j:plain

大学入学編に続く

大の勉強嫌いの私が資格試験に合格するノウハウを編み出した背景には その1【中学時代】

 

ブログも来年度受験に向けて少しずつ面舵を切り替えて行こうと思っています。


まだまだ受験日までは時間があるので、本格的な受験対策ではなくて精神・社会福祉士試験の関連情報を中心に紹介して行きます。


まずは、そもそも私が資格試験を取得するようになったルーツを数回にわたって紹介します。 

決して頭が良くなくても、資格試験に合格することは可能であることを感じ取っていただければ幸いです。

続きを読む