社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



独学勉強法

時間がない中で難関資格を取得するためのアドバイス本

『難関資格 合格したけりゃ、本は読むな!―社会人こそ、最短時間で一発突破できる』 福田大助著

本試験まで残り5ヶ月です。本番でパニックに陥りそうになったら<その1>

本試験まで残り5ヶ月となりました。暑かった夏が終わって秋期になると、本気モードに切り替わる受験生が増えますが、これまでコツコツ学習を重ねてきた方は、焦らず急がず負担にならないペースで進められることをオススメします。まだ本試験まで時間があるた…

エピソード記憶をうまく活用

何度覚えようとしてもなかなか覚えられない。それでも時間は待ってくれないし、誰かが勉強法を伝授してくれるわけでもない。社会福祉士勉強中の私は追いつめられていた心境に立たされた場面がしばしば訪れました。文字の羅列を暗記しようとしても、次の回に…

読解力を深めて「わかったつもり」から脱却する

これまで幾度となく説明してきましたが、問題集を解いていく上で基本となるのは、反復学習です。何度も何度も同じ問題を繰り返して、インプットの積み重ねによって、本試験での1点につながるのです。広大なカリキュラムを満遍なく覚えようとすると、モチベ…

仕事や育児との両立は厳しすぎるという声から

社会福祉士試験の受験生から寄せられる声の中でも多いのが、仕事や子育てに忙しくて、勉強にあてる時間がない、あんなに膨大なカリキュラムを覚えて受かる自信がないという本音です。 このような環境で、何回受けても結果を出せずに苦しまれている方もいらっ…

問題集選びも大切だけど、自分の勉強法を確立すること。

8月までに続々と各社から2014年第26回本試験対策問題集が発売されます。 どんな問題集を選ぶのか、どんな物を使えば合格出来るのかに主眼を置く方は多いと思います。 もちろん、問題集の種類も肝心なわけですが、要となってくるのは、勉強の仕方です。 実は…

ヱヴァンゲリヲンが教えてくれたコツ

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のある場面で、主人公とある登場人物が、ピアノを連弾で奏でるシーンがあります。 (ネタバレになるため、人物名は伏せます) ピアノの初心者である主人公は、ピアノを巧妙に弾けるその人物に、どうすればもっと上達で…

独学勉強法を紹介した著書 その3

以前紹介した勉強法のオススメ本に加えて、独学に効果的な勉強本として、私が実際に宅建合格のために役に立てた著書をまとめました。全ての資格試験に共通する効率的な学習術や、モチベーションアップのためのアドバイスが掲載されています。1.『図解式 史…

ノートは必要かどうか

社会福祉士の受験勉強において、ノートの是非について質問を受けることがあります。結論から言えば、人それぞれなので一概には断言できませんが、私の場合で言えば、ノートは作成しました。ただして「見て覚える」ためにではなくて、書いて書いて書きまくっ…

独学勉強法を紹介した著書 その2

『できる人の資格勉強法』 佐藤 孝幸著 5章の「合格する人が実践している生活習慣とは」において、資格取得を目指す上での自己管理について様々な実例が載っています。本書では、司法試験、米国公認会計士試験に「働きながら」「独学で」「一発合格」した著…

独学勉強法を紹介した著書 その1

勉強法のコツや独学に有効なテクニック等を紹介した勉強本の紹介をしたいと思います。これから学習を開始される方、すでに継続されている方の羅針盤+モデルとなれることを願います。『普通の主婦だった私が50歳で東大に合格した夢をかなえる勉強法』 安政真…

短期集中型か長期コツコツ型か

万人に共通する勉強法や絶対的な問題集がないように、勉強のペースに関しても、個々人によって千差万別です。 第25回試験の合格体験談を見ても分かるように、勉強の開始時期や平均学習時間は人それぞれでした。 ウサギと亀の例えではありませんが、亀のよう…

得意科目は捗るけど、苦手科目は進まない

タイトルの通り、私は去年の今頃、専門科目を重点的にこなしていましたが、共通科目はほぼ手をつけてませんでした。 その理由は極めて明白で、専門科目は比較的解きやすい・覚えやすい科目が多かったのですが、共通科目は全体的に眺めて、ちんぷんかんぷんで…

このタイミングでテキストを変えるかどうか

本試験まで残された時間は、二か月と10日を切りましたが、この時期になると、「自分の勉強法、使用テキストを変えた方が良いのだろうか」という疑念が湧いてくる方もいらっしゃるかもしれません。ネット上の社会福祉士コミュニティや掲示板を見ると、自分…

エピソード記憶を上手く活用

何度覚えようとしてもなかなか覚えられない焦りから、やる気をなくしている受験生もいるかもしれません。 社会福祉士勉強中の私はそうでした。 文字の羅列を暗記しようとしても、次の回に復習した時は、すっかり忘れているんです。 基本的にはその繰り返しで…

侮ることなかれ、共通科目「人体の構造と機能及び疾病」

午前・共通科目「人体の構造と機能及び疾病」。精神保健福祉士と社会福祉士を共通受験される方にとって、最初に立ち向かう科目として、用意されています。全部で7問もあるし、まさかこの科目で0点に陥ってしまい、不合格になることなんて、ないだろう。過去…

「現代社会と福祉」の乗り越え方

午前科目(共通)「現代社会と福祉」。この科目を苦手とする受験生は毎年のようにいるようです。もちろん、かくいう私のその一人です。福祉の歴史的なこの科目は、どう覚えたら良いのか、四苦八苦しました。私がこの科目に初めて手をつけたのは、1月18日だっ…

メールで寄せられた「社会調査の基礎」の勉強法についての私の回答

最近、第25回社会福祉士国家試験に挑む受験生から、一通の質問メールが届きました。過去問学習をしていて、「社会調査の基礎」の解説を見ても、統計用語や調査用語がなかなか理解できずに苦戦されているということでした。「カイ二乗検定」等がその代表です…

何度解いても覚えられない焦り

何度問題を解いていても、さっぱり理解できないし、抽象的すぎてイメージが湧かない。問題を解く→不正解→覚えなおし→再度問題を解く→不正解のスパイラルが続くと、モチベーションも落ちますし、「こんな物覚えが悪い自分の能力では受かりっこない」という焦…

キリの悪いところで止めてみる<脳を活かす勉強術>

勉強を始める前に、「今日は○○ページから○○までやってみよう♪」という具合に、一日のノルマを設定される方は多いと思います。私も「今日やるページ」、「今日やる分野」を決めてから取り掛かったものでした。目標を決めて遂行することで、リズムよく学習が捗…

勉強ができる場所<有料編>

続いて有料編です。 ここからは金銭が発生するため、1以外はほとんど使いませんでした。 1.電車の中、待ち合いスペース 通勤・通学の往復で有効活用する人も多いのではないでしょうか。 私自身も同様でした。 単に決められた乗降駅間だけでなく、時間に余裕…

勉強ができる場所<無料編>

「勉強に適している場所には、どんなところがあるか」という質問を承ったため、私がこれまで試行錯誤してみた勉強スペースについて紹介します。 無料スペース、有料スペースと、二回に分けて書きます。 まずは、お金を全く使わずに活用できる無料スペース編…

寝転がっての勉強はダメダメ!・・・・・・じゃありませんでした<宅建受験から>

家で受験勉強をするのに、床の上に寝転がりながら参考書を眺めたり、問題を解くような姿勢は、御法度だと思う方が大多数だと思います。小・中・高の学校教育では、机に向かって集中して勉強するのが当然だと教わっていので、うつぶせの姿勢ですることに抵抗…

科目ごとのリンクをつなぐことでややこしいキーワードを整理する

社会福祉士全19科目は、単独内容ではなく、科目同士でつながっている分野も存在します。例えば、専門科目の「相談援助の基盤と専門職」「相談援助の理論と方法」に見られます。「相談援助の理論と方法」科目の第19回問題113の「社会福祉援助技術のアプローチ…

捨て科目の危険性その1 <初級シスアド受験体験から>

前回、捨て科目の是非ついての考えを述べました。今回は、その恐ろしさをさらに知っていただくために、私がかつて受験した他資格試験で捨て科目を作ったために、不合格になった体験談をお話します。1度目は、今から6年前に受けた「初級システムアドミニスト…

本試験における捨て科目の考え方について

捨て問ならぬ、捨て科目の是非について個人的見解を述べたいと思います。 新カリキュラム移行後は、ただでさえ膨大なボリュームなのに、拍車をかけるかのように増えました。 医学、心理、行政、民法、老人、障害、児童など、多岐にわたる全19科目をこなして…

これから始める効率的な学習法について<OKWEBから>

分からない悩みに対して、誰でも回答できる「OKWEB」サイトにて、社会福祉士本試験の効率的な勉強法について質問されている受験生の方へ回答が正鵠を射ているので、ぜひリンク先を見てみてください。5年前の旧カリキュラム当時の質問ですが、現行試験でも共…

問題集に直接書き込む学習方法は効率的でした

みなさんは学習時に、自分の教科書や問題集にマーカーやペンで書き込みしますでしょうか。私は本試験直前までは、問題集に○×以外は、書き込みしませんでした。その理由は、「テキストにキーワードや重要ポイントを書き込んでしまったら、次に見直した時に、…

勉強が嫌になったら、「アンパンマンソング」に重ねてみる <その2>

社会福祉士国家資格は、社会的位置付けからしても、必ずしも福祉業界の就職・転職に求められている資格ではないこと、業務独占資格ではないために、「今年受からなくてもいいや」と、逃げの道に走ってしまう受験生が多数います。現に、私の周りにも5人以上い…

勉強が嫌になったら、「アンパンマンソング」に重ねてみる<その1>

何のために受験をしてなぜ合格を目指すのか。 勉強が思い通りにいかなくなって、自分のやり方に不安が生じると、そのような疑念が付きまといます。 アンパンマンの主題歌『アンパンマンのマーチ』のイントロ部分にある 「何のために生まれて、何をして生きる…

効果抜群!反復学習に、「声で録音して覚える」

基本的な勉強の仕方は、書いて覚える見て覚えるこの2点が中心ですが、自分の声を録音して覚えるという、第三の学習方法があります。音読して記憶するやり方は、私自身社会福祉士の受験勉強時に試してみましたが、問題文と正しい形をカセットレコーダーや、I…

今わからなくても、この先理解できる瞬間が訪れます

やる気満々で一から問題を開始したものの、必ずわからない問題が出てきて、不正解が続出すると、出来ない自分にがっかりしてやる気がダウンしてしまうんです。学習初期段階の受験生から、このような声を聴きます。みなさんもこのような経験をされたことがあ…

反復学習をする上で、わかったつもりの恐ろしさ

これまで幾度となく説明してきましたが、問題集を解いていく上で基本となるのは、反復学習です。何度も何度も同じ問題を繰り返して、インプットの積み重ねによって、本試験での1点につながるのです。19科目もの広大なボリューム中、満遍なく覚えようとす…

まず、どこから手をつけたら良いか

これから勉強を始める方の中で、19科目もの膨大なカリキュラムのどこから手をつけたら良いか迷っている方に向けて、アドバイスを送ります。 まず、大半の問題集の掲載順は、本試験出題の通りに作られていると思います。 午前科目(共通)ならば、「人体の構造…

勉強する時間や場所に悩んでいたら

仕事をしながら、または家事や子育てを兼ねながら受験される方にとって、勉強の時間をいかに捻出するか、どこで勉強するのかは、悩みの一つですよね。 私が宅建や社会福祉士を受験した時期は、ちょうど実習や会社の大型行事に追われていて、公私ともにてんや…

我流の怖さ-再受験、初回受験を目指す上で共通する大切なこと-

これまでに、独学で社会福祉士合格を目指すことは十分に可能であることを再三お伝えしてきました。しかしながら、肝心な勉強法を誤ってしまうと、何年経っても不合格に陥ってしまうスパイラルに突入してしまう危険性を含んでいることもお話ししてきました。…

勉強に深追いは禁物

これまでに、勉強にはコツがあって、「なぜ」を答えられるように覚える学習法、確実に1点をゲットするための効率的な勉強法についてお話ししました。 ここで忘れてはならないポイントや注意について詳しく解説します。 正しい型をインプットすることが基本なわ…

一冊のテキストを信じて受験に立ち向かってください

試験に合格するために、とにかくたくさんのテキストや参考書を買い漁って、あれこれ手を出すことは、合理的であるとは思いません。 これは、宅建試験で痛感した私の実体験からもそう言えますし、周りの受験生を見ていてもそう言えます。 受験開始直前は、モ…

合格の秘訣は勉強のテクニック -私の独学失敗談-

これまで自身の体験から、幾度となく勉強法のコツが合否を分けることを解説してきました。 短期間集中過去問勉強法と、その活用法を紹介してきましたが、今回は私の過去の失敗談をお話しします。 やみくもに独学で勉強すること、中途半端なモチベーションで…

学習にノートが必要かどうか

☆ノートを作るかどうか 私は書いて覚えるタイプなので、選択肢別の正しい型を覚えるために、精読+手で書いて覚えました。 そのために、A4サイズのノートにひたすら書きましたが、4周目あたりになっても間違ったキーワードや、「これは覚えておきたい」という…