読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社福・精神関連資格

数学アレルギーのアラサーが挑戦する「FP技能士」その2

前回の記事社会福祉士取得の次に目指す資格その10「FP技能士」その110問中たったの1問でも数式が出題されるだけで拒絶反応が表れてしまう私が、FP技能士検定3級を受けるにあたっては、まず潜在意識を塗り替える作業に傾注しました。FPは数学苦手でも合格はで…

社会福祉士取得の次に目指す資格その10「FP技能士」その1

ユーキャンがトレンド予測と資格取得に関する意識調査を実施し、20~40代男女991が選ぶ「取っておくと武器になりそうな資格」「実際に取ってみたい資格」で3年連続で1位になった資格があります。それが今回ご紹介するFP(ファイナンシャルプランナー)です。…

社会福祉士取得の次に目指す資格その9「秘書検定」

今回は「社会福祉士国家試験にプラスになるお得な試験紹介」として、秘書検定を取り上げていきたいと思います。秘書検定という検定を初めて耳にする方は、「秘書と社会福祉士とがどう繋がっているの?」と純粋に疑問を感じられたかもしれません。秘書検定と…

社会福祉士取得の次に目指す資格その8「コミュニケーション能力認定講座」

以前紹介した心理相談員研修で知り合った独立社労士・キャリアコンサルタントとして活躍されている先輩が、この資格の1級と2級を取得済みで、「コミュニケーションを根本的に見つめ直すのにぜひオススメする」と、太鼓判を押されたのがきっかけです。

社会福祉士取得の次に目指す資格その7「笑い療法士」

笑いによって自己治癒力を高めたり、笑いで病気予防の手助けをする「笑い療法士」という資格をご存知でしょうか。一般社団法人癒しの環境研究会が主催しています。笑い療法士の役割を一言でまとめると、笑わせるのではなく、笑いをひきだす。それが笑い療法…

社会福祉士取得の次に目指す資格その6「ほめ達検定」

「ほめ達!」とは「ほめる達人」のことで、目の前の人や物・商品やサービス、起きる出来事などに独自の切り口で価値を見つけ出す『価値発見の達人』のことです。自殺者が2万人を超える異常な現代を心の内戦と表現して、その状況を打開するために、ほめる行為…

社会福祉士取得の次に目指す資格その5「心理相談員」

第5回はブログでたびたび触れている心理相談員資格について取り上げていきます。 心理相談員とは、厚生労働省が推進するトータルヘルスプロモーションプラン(THP)のメンタルケアスタッフの一員として指定されていて、ストレス過多の現代社会で働く人々…

社会福祉士取得の次に目指す資格その4「精神対話士」

第4回は精神対話士についてです。そのネーミングから精神保健福祉士と混同してしまう方も多いようです。2016年現在、協会のサイトによると、精神対話士とは、心の訪問ケア(アウトリーチ)の専門職と説明されています。

社会福祉士取得の次に目指す資格その3「産業カウンセラー」

第3回目は「産業カウンセラー」です。私もいつかは取得したいと思っている資格の一つです。

社会福祉士取得の次に目指す資格その2「メンタルヘルス・マネジメント検定」

2月4日付のニュースで、「せっかく取るなら周りから感謝される、需要の多い資格を取ろう!」という記事の「需要が高まりつつある資格」に社会福祉士がランクインしていますね。さて、第2回は、私が2013年3月と2014年3月に受検したメンタルヘルス・マネジメン…

社会福祉士取得の次に目指す資格その1「福祉住環境コーディネーター」

今日から精神・社会福祉士関連資格として、私が取得済みの資格をもとにご紹介させていただきます。次なるステップや自己啓発のために受験の参考になれば幸いです。第1回は、「福祉住環境コーディネーター」です。