社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士シンガーソングライターの活動

 7月14日栃木県那須の伝承館で、チャリティーコンサートが開かれたようですが、社会福祉士介護福祉士の資格を持つシンガーソングライターのえりのあさんが出演されたそうです。

 
 大田原ふるさと大使社会福祉士の資格などを持つ市内在住のシンガー・ソングライター、えりのあさんが出演したチャリティーコンサート「えりのあ与一福祉まつり」が14日、那須与一伝承館で開かれた。


 高齢者らを無料招待したふれあいコンサートと、一般を対象にしたコンサートの2部構成。民話の語りや竹工芸実演、市内出身のタレント嶋均三さんのトークショーも行われ、来場者の笑いを誘った。


 1部は市内外の高齢者や障害者施設の利用者約200人が来場。えりのあさんは「手と手を合わせてみんなで頑張っていきましょう」と呼び掛けた。ゆるキャラ「とちまるくん」「与一くん」「ナイチュウ」と来場者はえりのあさんの歌に合わせ、一緒に振り付けを楽しんだ。


 ことしで5回目。収益金などで福祉機器を購入し、施設に寄贈する予定。


 引用もと:下野新聞
http://www.shimotsuke.co.jp/dosoon/town/otawara/official/20120714/826559



えりのあさんは、平成21年2月に、活動を認められ、栃木県より「とちぎ未来大使」に任命されたそうです。

国際医療福祉大学出身(2005年卒)で、福祉業に携わりながら、シンガーソングライター活動を行っているようです。
経験をそのまま取り入れて、在住している栃木県や、介護の新3K、「感動・きらめき・感謝」というような福祉への希望を題材にしたユニークな作詞・作曲を手がけています。

 
※ えりのあさんの公式ページプロフィールはこちらから
 

社会福祉士の資格をこのように活かしているのは素晴らしい限りですね。
社会福祉士はオールマイティに応用できる資格だということが、活動内容からも分かります。

リンク先では、動画も見れます。


私もその生き生きとした姿から勇気をもらいました。

えりのさんのように、自分なりに社会奉仕ができるように、社会福祉士国家資格を活かしていく決意が強まりました。