社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



なんで宅建のことをブログに書いてるの?

この時期になると、「宅建」というキーワードで、当ブログに初めて起こしくださったビジター様が増えています。

拙ブログでは、これまでも宅建について触れてきた記事は多々ありましたが、初めてブログをご覧いただいている方のために、

社会福祉士合格計画ブログなのに、なんで、宅建について書いているの?」


という疑問について、簡単に説明したいと思います。



私は、平成23年宅建試験に合格して、1月に行われた登録実務講習を修了した後に、2月に主任者登録を済ませました。

社会福祉士は、宅建の約三ヶ月後に受験して合格した後、登録を終えています。


宅建社会福祉士は、国家資格つながりで、資格取得難易度が同程度と比較されがちのため、両資格を2011年度に取得した実体験から、特徴や勉強法について発信してきました。


両試験の共通性という観点からは、主に以下の二点が挙げられます。


1.宅建社会福祉士も、独学で、過去問一冊を反復学習して受かった。

過去問を自分なりに工夫した同じ勉強法で、両資格とも突破できました。

宅建は一度目の挑戦で合格できませんでしたが、その失敗から、自分に合った過去問勉強法を定着させました。

2.出題科目が共通している部分がある。

具体的な科目は、民法(成年後見制度、詐欺、家族法、相続法等)です。


拙ブログをいつもご覧いただいてる読者の中で、宅建受験者も多いため、9月と10月は、試験日が差し迫っている宅建試験についての記事を増やして行くつもりです。