社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



心が折れる職場とは

心が折れる職場 (日経プレミアシリーズ)

心が折れる職場 (日経プレミアシリーズ)

 

筆者は、産業カウンセラーの資格を持ち、日本メンタルヘルス講師認定協会の代表理事に就任し、メンタルヘルス講師の育成や、研修講師、カウンセリングや職場復帰支援などを行っています。

 

介護施設を運営する、ある企業の経営者から実際にうかがった話です。

その企業では、メンタル不調による介護士の休職が発生していたため、実態を調べてみました。

すると、特定の介護士長が現場責任者を務めているところに不調者が集中していたそうです。

この話が、その後どうなったのかについては、本文でも詳しく紹介しますが、産業カウンセラーとして多くの事例を目にしてきた私の経験でも、特定の部署、あるいは特定のマネジャーのもとでメンタル不調者が多発するという事態は実際に起こっています。

 

「はじめにより引用」

 

介護業界のメンタル不調の一例から話が始まりますが、本書では一般企業の事例も上げながら、メンタル不調に陥りやすい職場やその要因について詳しく解説されています。

心が折れない職場とはという具体的なメカニズムや、こんな上司が部下をメンタル不調に陥れてしまうというケースも取り上げられています。

 

2015年12月より施行された、ストレスチェック制度についても触れられており、労働者としてメンタルヘルス対策について学べるオススメの教科書です。

 

 

www.zettaigoukaku.com