社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



大学の偏差値の多寡は社会福祉士受験には直結しないんです。

今回は過去に反響があった記事をピックアップしてリトライしました。


私が社会福祉士受験資格を得るための学校選びとして、都内の学校説明会を巡っていた時に、ある専門学校の昼間部1年制養成学科の説明会に参加した時のエピソードです。

 


卒業生代表として、社会福祉士取得後に障害者福祉施設に就職して間もない20代後半の男性が、社会福祉士の魅力や学校生活についてスピーチしました。


その方は、法政大学を卒業した後に、就職に強い福祉資格を得るために、この専門学校に入学したとのことでした。


最後に、参加者からの質疑応答タイムがあったのですが、ある男性がこのような質問を投げかけました。


法政大学は偏差値が高いですし、入試も難しかったと思いますが、社会福祉士と法政大学の入試はどちらの方が難しかったですか?


この問いに対して、その卒業生はちょっと困惑した表情を浮かべていましたが、


実は僕は法政大学卒業といっても、中高一貫法政だったので、その流れで大学まで進学したんです。

一般入試のような試験形式では進学してはいないんですよね。

ですから、純粋に本試験との難易度を比較することはできません。


申し訳なさそうに答えていました。


ネット上では、資格取得難易度ランキングがあるように、この質問者のように、大学入試と社会福祉士の取得難易度の差が気になる方がいらっしゃるようです。


この問いについてですが、私自身は学校推薦入試で大学に合格したため、一般大学入試との単純比較は出来ません。

 

4年半ブログを継続してきて合格者の背景から浮かび上がってくる姿として、学歴というものは大きく差はありませんでした。


むしろ学歴コンプレックスがあったり、これまでの人生で一つのことに取り組んだ経験のない受験生の多くが一念発起されてこの試験に合格されています。


そもそも、大学入試に求められるカリキュラムと、社会福祉士の試験制度は異なっているため、同じ土俵で比べるのにも無理があるようにも思います。

偏差値が高い大学出身だからと言って、必ずしも合格者が多数であるとも限りません。

また、受験者層は、推薦入試、一般入試、AO入試など、多様な形式で入学しているので、母体の質を入学偏差値だけで判定しても、正確な情報は手に入らないでしょう。

どんな大学でも、入学してから、努力を重ねて頭角を現す人もいますし、尻すぼみのように、意気阻喪して実力が落ちてしまう人間がいるからです。


大学の入学偏差値を基準に、「最難関と言われている社会福祉士に受かるわけはない」と、悲観的になっている人間と、「大学入試も突破できたし、余裕で受かるだろう」とたかをくくっている人間に分かれるかもしれません。

 

社会福祉士受験資格を得るために卒業した大学は通信制ですが、全日制の社会福祉学科の最新偏差値は35(河合塾2017年度入試予想ランキング表私立大より)です。


第28回試験結果は、全日制が1094人中195人(合格率17.8%)で、通信制は1856人中679人(合格率36.6%)です。


この数字を見てどのように捉えるのかは個々人によって異なるでしょうが、偏差値の多寡に関わらず、やるべきことを継続的に積み重ねれば合格できるというのが、試験の本質だと思います。


絶対合格の強いスローガンを胸に込めている受験生こそが合格を勝ち取れます。


参考までに、第29回本試験の学校別合格率一覧表のリンクを貼っておきます。