読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



1点に泣き、1点に笑う社会福祉士試験だからこそ

ブログを始めて早5年目ですが、毎年必ず合格発表日後に寄せられる声がいくつかあります。


今回取り上げたのは、総合であと1点足らずに悔しい思いをされた受験生です。


どの資格試験もそうですが、1点の差で合否が分かれることは共通しています。

 

 

 

1点の背景には、数百人から数千人の受験生の命運が分かれます。

一方で、以前に「あと1点」で悔しい思いをされた方が、リベンジ合格を果たされた歓喜の声も寄せられます。

 

そのご報告ほど私が震える喜びを覚えるものはありません。


私もかつて1点泣き、1点に笑う両極端な経験を体験しています。


もしもあと1点で悔しい思いをされた受験生がいらっしゃるとしたら、今年度こそは勝ち誇っている自分を想像して、そこから糧に試験日まで過ごしてください。

辛く孤独な受験生活も、合格を掴み取っている自分と、その先をイメージングすることで、乗り越えていけるものです。

 

1つ選べ問題か2つ選べ問題を確実に見極めること。

マークミスを絶対になくすために、マークが終わったら数回目視すること。

奇問・難問が待っていても無理に向きあおうとせずに、1点を確実に取れるような過去問ベースの頻出問題をゲットすること。

 

この3点を意識して実行に移せることで、1点を逃す可能性が確実に減ります。

 

さぁ、今年こそは1点に泣いたあの日々から大逆転です。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20161022185457j:plain