読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



模試の結果や過去の成績が気になって本腰が入らない方へのメッセージ



逆転のメソッド 箱根駅伝もビジネスも一緒です(祥伝社新書)


逆転のメソッド 箱根駅伝もビジネスも一緒です(祥伝社新書)

逆転のメソッド 箱根駅伝もビジネスも一緒です(祥伝社新書)

 

 

 

  「全日本で負け、私も選手もしょぼくれた。神野、久保田、小椋と主力もそろって調子を落とし、箱根連覇は赤信号だった」

 

 

 

後にこう語ったのは、今年の箱根駅伝で総合優勝を果たした青山学院大学の原監督です。
 
3年連続の箱根駅伝制覇に加えて、出雲全日本大学選抜駅伝、全日本大学駅伝に続く「大学駅伝3冠」も同時に記録しました。
 
3冠は史上初の快挙記録となりましたが、2015年の全日本大学駅伝(2015年11月1日)では、念願叶わず2位という結果に。
 
再起の転機となったのは、直前期の12月2~6日に千葉で行われた強化合宿でした。

 

集中した環境で練習に取り組み、多くの選手達のコンディションも日に日に良くなったそうです。

一部調子を落としてしまった選手もいましたが、本番の数日前になって驚異的に復調を果たした選手もいたようです。

2016年の全日本大学駅伝では、最後は2位でタスキを受けたアンカーのエース一色恭志(4年)の底力によって、初の逆転優勝に成功しました。
 
完走直後のインタビューでは、
 
きつかった。ハラハラとした展開だったが、何が何でも勝つという思いで走った。
 
と語っていました。
 
絶対勝利」というメンタル面の重要さが垣間見れた瞬間です。
 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20161231180040j:plain

 

さて、今回取り上げた記事にも共通しますが、本番直前に受けた模擬試験の結果が芳しくなくてモチベーションが低下されている方への最後のメッセージになります。

 

 

改めて声を大にして申し上げますが、模試の結果が合格の目安よりも低くても、合格できる可能性は大いにあります。



模試は実力を測るための指標にはなりますが、本番と模試は異なります。



私からすれば、70点台を取れているだけでも十分実力が備わっている証だと思います。

基礎の積み重ねがなければそれだけの数字は出せません。

 


過去の時点の目安と割り切って、いかに気持ちを立て直して、ラストスパートを駆けるかが何より肝心になってきます。

 

私自身も試験1週間前に前年度の本試験を模試代わりに解いてみたところ、0点科目が2つ続いて戦慄を覚えた記憶が残っています。

 

私にとってはこれがショック療法となって、最後の追い込みモードに切り替わることができました。

 

昨年の社会福祉士試験合格者の中でも、模試の結果が芳しくなかったものの、合格を勝ち取った生声が複数ありました。



諦めないこと、これまでの努力の蓄積を信じること。

 

幸いにもみなさんにはまだ2週間以上の時間が残されています。


模試は過去の産物です。

あの日から朽ちることなく着実に実力を備えてきたみなさんの姿が今ここにあるはずです。

 

さぁ、ラストスパート、ここからがみなさんの真価の発揮しどころです。
 
もっともっと強くなれる!!
 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20161231180259j:plain