読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士試験の合格点が唯一90点を超えた年にはこんな訳がありました

みなさんは社会福祉士試験で90点を超えた回をご存知でしょうか。



合格点 91


6割基準を突破した回です。

 


それは、今から遡ること14年前の2003年、第15回試験時です。


合格率は31.4%でした。

試験開始以来最高水準の結果です。

合格点を開示したのはこの15回以降なので、公開後初の90点でした(14回以前に90点台があったかどうかまでは私は存じていません)。

合格率が30%を超えたのは第8回と第15回のみです。


一体全体、この年に何があったのか?


それほど問題の難易度が簡単すぎて、合格点が跳ね上がってしまったのか。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170204173218j:plain



その答えは不適切問題の多さです。


第15回試験の合格発表日は平成15年3月31日でした。

この年は33452人が受験して、9800人が合格しました。


この時点では合格率は29.3%でした(その段階でも高いですが)。


では、どうして合格点と合格率がそこまで増加したのでしょうか。


不適切問題がなんと4問もあったのです。


この数は試験結果詳細を公開した第15回以降歴代最多とも言えます。


公的扶助論

問25 正答なし
問26 3及び4

児童福祉論

問104 正答なし
問107 正答なし


その結果全体の得点が上がって、90点を超える結果となりました。

ソース:第15回社会福祉士及び介護福祉士国家試験の合格発表について



更に衝撃は続きます。


翌月の4月25日に追加合格者の発表があったのです。


合格発表後に試験問題を見直した際に、なんと不適切問題が追加で3問も認められたのです。

老人福祉論

問81 正答なし
問82 正答なし
問83 1及び4


2つは全員加点となり、1つは複数正解という扱いになりました。

この処置によって、追加合格者が701名という結末になりました。


計7問もの不適切問題が出てしまった回でした。

合格基準点は変動のないものの、追加合格者によって合格率は31.4%になりました。

ソース:第15回社会福祉士及び介護福祉士国家試験の合格発表(追加)について


第14回試験までは合格点及び正答の公開はなかったので、この出来事がきっかけになったように推測させられます。


社会福祉士試験史上初(公開後)91点に終わった第15回にはこのような背景がありました。