社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



自分は合格できる、自分は合格できないという自信について

 

今日はとっても単純で当たり前の話をするので、つまらなく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、受験の心得としてお伝えしたい内容になります。


 



自分は絶対合格できる。


そう思える受験生こそが合格できるのです。


たとえ不合格だとしても、それでも絶対合格できると信じて止まずに挑戦し続ける人間こそが合格できるのです。

それ以上もそれ以下もありません。


合格を信じて勉強をする、そうすれば受かるのです。

 



よく、

 

 

試験に合格できる自信がない。


という思いを抱えている方の声を耳にしますが、そのような方は、「試験に合格できない」という自信はお持ちなのです。



試験に合格できないという自信を持ったまま試験に向かうとどうなるのか。


そのまま合格を達成できないという結末を迎えられる方もいらっしゃいます。


一方で、最初は自信がない自信を持っていたとしても、合格を手にする方も存在します。


それは、学習を重ねていくうちに、「これだけ勉強したのだから、受かるかもしれない」という新しい自信が芽生えるからです。


自信がないという裏には、圧倒的に経験が不足してるからこそ根付いている先入観である場合があります。

全19科目を一通りマスターしたとしても、いざ試験を迎えると、未知なる不安から自信をなくしてしまう方もいらっしゃるでしょう。

そんな時こそ、「自分は合格できる」というゆるぎない自信を自己暗示のように唱え続けると、合格が具現化するのです。


試験までまだかなりの時間が残されています。

当たり前のことを当たり前にこなせば、自信は後についてきます。