社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



満点なんて取れるはずないですが、100点取れればウカる社会福祉士試験です。

 
これから勉強を始められる方や、まだスタートして日が浅い方にとっては、あまりにも勉強の量が膨大過ぎて、やる気が削がれている状態かもしれません。

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170722181634j:plain

 

 


同時に、「問題集やテキストは、完璧にマスターしなければならない


という「全部覚えなければ受からない」という思考が強くなっている方もいらっしゃるかもしれません。


 

自分を律しながら根気強く取り組む姿勢は素晴らしいですが、「~しなければ受からない」という固定観念が植えつくと、事が上手く運ばない時に、モチベーションも低下して、効率が悪い勉強法に陥ってしまう畏れがあります。



合格するためには、相応の知識量は必須ですが、パーフェクトな学習量は必要ありません。

 

むしろくまなくインプットしようとすると、頭がオーバーヒートするだけではなくて、一つ一つのキーワードの意味が気になって気になって本試験に不要な知識まで深めようとするような本末転倒な展開が広がってしまうリスクもあります。

 


私も社会福祉士試験合格後に二桁の資格試験にチャレンジしてきましたが、完璧という形で本番に挑んたことはありません。

覚えたつもりでも忘れてしまっている問題が多々あり、問題集全体の7割〜8割くらいをインプットしたような状態で終結しています。


実際、一冊の問題集やテキストを全部インプットするのは、不可能といっていいでしょう。

仮に全てをマスターできたとしても、本試験で満点近く取れる保証もないのです。

なぜならば、本番では事前知識以外の要素として運やコンディションも絡んできますし、初見問題が待ち構えているからです。


合格を目指す上では、頻出度や重要度が高い項目を、とりこぼさないことが要になってきます。

 


150点中の6割以上(90点)取れれば合格です。

 


極端な話、60問不正解になっても合格は合格なのです。

中には、近年の合格点の高さから見て、90点じゃ不安要素が高いので、やっぱり完璧なくらい事前学習をしなければ、他の受験生に勝てないと戦々恐々としている方もいらっしゃるかもしれません。

 

過去のボーダーを見ても90点以上だった回は圧倒的に少ないものの、次回も90点以下である保証はないからと、怖気づいてしまう方もいるかもしれません。

 

それでは、100点(7割)目標というラインはいかがでしょうか。

 


過去の歴史を見ても、100点取れれば合格圏内です。

肝心なのは6割合格から7割合格に目標ラインを変更したとしても、「完璧勉強法」は必要ありません。

何かを選ぶというのは何かを捨てなければなりませんが、合格のためにはパーフェクトヒューマンになる必要はないという余裕を持っておくと後々救われるところがあるでしょう。

 

こんな自分が100点も取れるはずがない。

 

もしかしたら現時点ではそう思っていらっしゃる方もおられるかもしれません。

 

150点中の100点ならば、頭の良し悪しが関係しているわけではないことを歴代の合格者の諸先輩方からも教えてもらっています。

 

今の段階で合格レベルに近い人間の方が少数派です。

案ずるよりも産むが易し。

 

これから半年以上の時間をかけてレベルアップすることで結果的に100点を超えられる実力を手にすることは可能です。

 

過去の成績も偏差値の多寡も関係ありません。

どれだけこの資格に対する熱意と将来の夢が明確に描けるかが合格力を高めます。

 

千里の道も一歩ずつ歩みながら自信を身に着けていきましょうね。