社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



会社を辞めたくても辞められない人に贈る本

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170415072245p:plain

タイムから久しぶりに手紙が届いたけれども、相当切羽詰まっているみタイだよ。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210641p:plain

ブルガリアのヨーグルトショップで働いているのよね。

繊細な妹さんだけに、心配していたわ。

 

 

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210654p:plain

このところ残業の連続で、満身創痍のようなんだよ。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210641p:plain

売上は好調のようだけれども、しわ寄せが社員であるタイムちゃんの身に起きているのね。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210654p:plain

「もうやめタイ、もう辞めタイ」っていうタイムの心の叫びが書かれていて、いてもたってもいられないよ。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210641p:plain

ギリギリまで追い詰められているのね。

職場環境が気になってくるわね。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210654p:plain

そんなピンチのタイムには、この二冊の差し入れを用意したよ。

 

「つらいから、会社やめます」が 言えないあなたへ

 

「つらいから、会社やめます」が 言えないあなたへ

「つらいから、会社やめます」が 言えないあなたへ

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210644p:plain

まさに今のタイムちゃんにはぴったりの内容そうね。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210657p:plain

仕事を辞める前に取り組んでみること、それでも改善しそうにないなら辞めるって選択肢を取れば楽になるよって内容が書いてあるんだよ。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210649p:plain

仕事を辞めたくても辞められなくて苦しんでいる人がいかに世の中に多いのかが想像できるわね。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210657p:plain

嫌われる勇気を持てば楽になるよっていうのがポイントだったんだよね。

続いては、この本だよ。

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210644p:plain

インパクトが強いタイトルね。

精神科医のゆうきゆう先生が書かれているのね。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210655p:plain

マンガ形式で書かれているから、読みやすいというのが特徴だよ。

業務量が多すぎて、負荷が高まっている人にとっては響くものがあるんじゃないかな。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210649p:plain

その二冊をタイムちゃんが読むことで活路が開ければいいわね。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210655p:plain

「いつでも日本に帰ってきていいんだからね」の言葉で締めくくろうと思うよ。