社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。



赤マル福祉より第30回社会福祉士試験の結果を受けてのメッセージが発信されました。

 

数年前から時々受験生のみなさんへの応援企画としてコラボレーションを行ってきた赤マル福祉の御担当者さまより、今回の試験結果についての見解をぜひ多くの方に知っていただきたいというご連絡をいただきました。

 

「今回の試験結果について、6割を目指して頑張ってこられた受験生に取って、95点や98点でも不合格になるような事態はさすがに予測だにできず、大きな衝撃を与えていますし、今後の目標や意欲をも見失わせるようなことになってしまいます。」

 

そのようなお言葉を頂戴した上での試験のあり方について言及されています。

 

赤マル福祉のサイトで公表している文面をご紹介いたします。

 

 

 

受験者数は前回(第29回)より2,000人近く減少しましたが、合格者数は1,500人近く増加し、全体の合格率が30%を超える高い水準となりました。


 さて、受験された多くの方が気になっていた合格基準点ですが、信じがたい結果となりました。99点、得点率で66%です。ちなみに、共通科目免除の場合の合格基準点は43点(67点満点)であり、こちらも6割を大きく上回る得点率でした。


 社会福祉士の国家試験では、合格基準の目安を6割としています。難易度で多少の調整はあるとはいえ、ここまでの高い水準となったのは今までに例がありません。これを裏付けるのが、昨年(第29回)の介護福祉士の試験結果です。

 

全体の合格率が72%と高い水準となっていましたが、合格基準点は75点(125点満点中)でした。これは得点率にすると60%ちょうどです。この介護福祉士の結果を考えますと、今回の社会福祉士の国家試験でも、合格基準点は90点あたりに落ち着くのではなかろうかと信じていました。


 多くの方々が6割超えを目標に、日々試験勉強に取り組み国家試験に臨んでいます。今回の試験では、自己採点で良い点数が取れた、という声も多く聞かれました。また、受験された人の中には、今回こそは合格できると信じ、今日という日を迎えた人もいるはずです。

 

しかしながら、問題が多少容易であったからといって合格基準点を大幅に引き上げたという試験結果に対し、強い疑念を感じずにはいられません。


 ここ最近の合格者数を見ても、1万数千人で安定しています。合格者数を一定に保つために合格基準点を著しく変動させるようなことをするのであれば、上位何人であったり、上位何%というような基準を新たに明示しても良いのではないのでしょうか? 毎年の認定数=合格者数をあらかじめ明示していただく方法もあろうかと思われます。

 

また、所管こそ違え、同様な福祉職である保育士試験の場合は、各科目(試験内容の難易差があっても)6割以上得点すれば必ず合格になりますが、難易差による損得が生じたとしても、合否という最も公正であるべき結果に対して疑念は生じません。

 

6割を超える点数を取っても不合格となってしまう方が続出したことは残念で仕方ありません。
 私ども赤マル福祉としましても、受験者全体のレベルの底上げ、願わくば合格率そのものの向上に寄与したいと思い、国家試験に受験される方々をご支援してきましたが、今回の試験のために努力を積み重ねてきた人たちの想いを踏みにじる試験結果であったと言わざるを得ません。


 5年前の(今回とは逆に著しく合格基準点が低かった年の)試験結果講評でも申し上げましたが、受験者の皆さんの試験に備えて励まれた努力と福祉職を目指される社会的使命感が報われる試験制度であることを願うばかりです。

 


また、日本ソーシャルワーク教育学校連盟の会長も今回の試験のあり方と今後について言及されています。

 

一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟/JASWE

 

 

72点という異例の合格点に終わった第25回試験結果を受けて、第26回試験構成が大幅に変わったように、今回の試験結果を受けて、受験生にとって努力が実を結ばれるような試験であるように願わずにはいられません。