社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士試験結果10年分のデータをまとめました


過去10年分の社会福祉士試験結果のデータをまとめました。


合格ラインが公開された第15回から最新の第24回まで10年分のデータです。


 回 ボーダー (不適切問題の数:処置) 合格率

■旧カリキュラム(13科目)

第15回91点(不適切問題4問あり=3問全員正解:1問2肢正解)29.3%
第16回85点(不適切問題3問あり=3問全員正解)28.5%
第17回83点(不適切問題1問あり=2肢正解)29.8%
第18回80点(不適切問題1問あり=1問全員正解)28%
第19回81点 27.4%
第20回87点 (不適切問題3問あり=2問全員正解:1問2肢正解)30.6%
第21回85点 29.1%

■新カリキュラム(19科目)

第22回84点 (不適切問題2問あり=2問全員正解)27.5%
第23回81点 28.1%
第24回81点 26.3%

10年間のボーダーの平均は83.8点で、約84点になります。

最低点は80点で、最高点は91点になります。


新カリキュラムになってから、85点以上を超えた回は一度もありません。


続いて、新カリキュラム(全19科目)後における専門科目受験のみ(共通免除)の過去3年データを紹介します。


◆ 平成23年度(第24回) 合格率:26.3

総得点74点中、40点以上

※ 全科目受験は81点以上

◆ 平成22年度(第23回) 合格率:28.1

総得点74点中、42点以上

※ 全科目受験は81点以上

◆ 平成21年度(第22回) 合格率:27.5

総得点74点中、43点以上

※ 全科目受験は84点以上


過去3年の動向からも、43点(全体の58%以上)を超えれば、合格できるようです。


次回は、赤マル福祉の講評をもとに、今年の試験問題について考えていきたいと思います。