社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



露木講師、赤マル福祉の講評を受けて

けあサポ(中央法規)の解答速報作成&受験対策講座の講師として有名な、露木さんが、本試験の所見をブログで書かれていました。


>今回の試験は、難問がちりばめられた試験でした。

そのため、今年の試験は難しい印象を受けた方も多いかと思いますが、合格ラインは、昨年とさほど変わらないんじゃないかなぁ。と思いますが。

受験された方は、もうご存じだと思いますが、1設問に2つの解答を問う問題が出題され、混乱した方も多かったのではないでしょうか。

このような事情を加味すると、若干合格ラインが下がるかもしれませんが、大きく、下がることはなさそうです。

引用もと:露木講師のブログ


去年は86点前後、おととしは84点前後と評されていました。

講師の視点、この点数は取れてほしいという思いを込められて合格点予想をされていましたが、今年は「去年とさほど変わらない。若干合格ラインが下がるかもしれない」という、下方視点で評されています。

既に多くの受験生の自己採点結果が例年よりも低いように、赤マル福祉、露木講師ともに、例年よりも試験問題が易しくなったという講評はされていません。


特に81~83点くらいまでの方は不安が拭えなくて、80~75点くらいまでの方は、難化による救済措置を渇望されていることだとお察ししますが、相対評価、難易度補正という試験の特長を反映して、例年のように上位30%弱に絞り切れるような合格ラインに設定していただきたいものです。