社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



小高塾から驚愕のボーダー予想が

2月18日更新


去年、塾生のサンプルデータをもとに79点予想を出した小高塾。

かつてない80点以下を掲げるその雄姿に希望が湧いたのを覚えています。


その小高塾の今年のボーダーを毎日チェックしていましたが、先ほど更新されていました。




今年はその小高塾から、なんとボーダーが67点(専門のみ32点)と発表されました。


2月5日付の更新で、


全科目受験者は70.5点(70.5問正解)、専門科目のみ受験者は34.5点(34.5問正解)と追記されています。


2つ回答しなければならない問題を、片方が正解であれば0.5点配点となる(両方正解なら1点)とみなして採点した数字のようです。




あまりにも試験が難解で、塾生受験生の出来が芳しくなかったからの数字らしいです。


75点~80点の幅に合格点がくると予測していた私が見ても、驚きの数字ですが、受講生の結果がソースとなっているため、単なる個人予想とは異なります。


拙ブログの自己採点投票、ネット上の声、赤マル福祉の自己採点サービス暫定結果、どれを並べてみても、例年にないような結果が揃っています。



このことから、今年は80点を下回る可能性がますます高くなってきます。



どうか、今年から合格率10%台に絞らずに、例年の20%後半にとどめてほしい。


70点台の方が歓喜する結果となって欲しい。



期待と願望ですが、私の中でも日に日に強くなっています。