社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



児童福祉分野に興味がある方にオススメのコミック

私が児童福祉の仕事に携わっていた際に読んだ「児童虐待」や「少年非行」「家庭崩壊」をテーマにしたコミックを紹介します。



ちいさいひと 青葉児童相談所物語 1』全4巻



新米の児童福祉司が主人公で、児童相談所が舞台の漫画です。
児童虐待の現状と、児相がいかに機能しているか等を扱った作品です。
週刊少年サンデーにて、不定期で掲載されています。

昨年の夏期に、日テレの番組「ドン★キホーテ」にて、児童相談所を舞台にしたコミカルなドラマが放送されたため、児童相談所を知るきっかけになった方も少なくはないと思います。

この漫画は、児童虐待問題に真っ向から立ち向かって描かれているため、児童虐待の実情を理解することができます。

児童養護施設や行政の福祉職に興味がある方にはオススメの作品です。


関連作品として、以下の2冊があります。


凍りついた瞳 (YOU漫画文庫)




昼の子供夜の子供―児童相談所物語




また、去年の4月に肝硬変のために亡くなった土田世紀さんが、水谷修さんの著書を原作にしてコミックを描きました。

水谷 修さんのプロフィールと経歴を簡単に説明したいと思います。


神奈川県横浜市生まれの児童福祉運動家であり、教育評論家としても評価を受けている。元夜間高校教諭。神奈川県立横浜翠嵐高等学校上智大学文学部哲学科卒。

少年の非行や薬物依存問題に尽力し、5000人超の生徒と向き合っている。
夜間繁華街をパトロールすることから「夜回り先生」の異名を持つ。また自身もリストカッターであった過去がある。

リンパ腫によって余命が限られた中、昼は講演で全国を駆け回り、夕方から授業。夜間は夜回りや少年らからのメールの対応に追われる多忙な日々であったが、限られた余生を夜の世界に捕らわれてしまった子供たちを救うことに捧げるため、それまで接触を避けていたマスコミにも出演、救いを求める子供たちからの電話などの激増などで職場への迷惑などを考慮して教職を辞職した。



夜回り先生』全9巻 








夜回り先生 希望編 (IKKI COMIX)

本の内容

宮城県で被災したリストカッター少女の成長、児童養護施設を応援する先生と赤井英和氏の友情、他全4編、すべて土田世紀渾身の描き下ろし。

震災後の日本に” 希望”を届けんとする夜回り先生からの最新メッセージ。