社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



合格体験談を読んでみて

20代から50代までの第25回社会福祉士試験合格体験談をご覧になってみて、どのような感想を持ったでしょうか。

勉強法や使用テキストなどを見ても、まさに十人十色でしたね。

私はブログを通して、過去問重点勉強法を唱えてきましたが、このやり方が絶対ではなくて、個々人によって異なるのが当たり前であって、自分の中で「これだ!」というふうに、覚悟を持って試験日まで向き合えるテキストや勉強法を貫くことが大切になってくることが浮き彫りになってきました。


私は、これまで通りに、一つの羅針盤として、過去問(一冊のテキスト使用)重要説を変えることなくしばしばブログで発信して行くつもりではあります。


正直なところ、合格発表日までは、過去問重要論を今後も重ねて行って良いのだろうか、迷いが生じている自分がいました。

第24回の時点で過去問不要説は大きくなっていましたが、今回の試験では比較にならないほど、このブログや他サイトを通して、「過去問では合格できない」「過去問は全く役に立たない」という声が広がっていました。

一方、自己採点で80点以上の方から、

「自分は過去問中心で勉強してきましたが、過去問学習が通用しないとは思いません」

という相反する声も寄せられていたのも確かです。

確かに、例年の合格点ならば、私も軌道修正を選ばざるをえませんでした。


過去問を使って受かる人とそうではない人との違いはどこから生じるのでしょうか。



過去問重点式で合格出来た方を私なりに分析してみたところ、以下のような結論に至りました。


1.過去問重点式を信じて、徹底的に反復学習してきた。
2.戦略的、効果的に過去問を有効活用する術を知っていた。
3.過去問以外の知識として、福祉知識、教養が見についていた。
4.精神的にタフである。
5.「絶対に合格する」という確固たる思いがあった。



合格者の方が5までの全てに該当していなくても、いずれかの一つ以上には当てはまっている傾向がありました。

今回のように、出題傾向が急に変化する可能性は高いです。

それでも過去問や一冊の問題集をマスターすれば合格レベルに達することができると言えるのは、この試験が現段階で「相対評価」であることが大きな理由の一つでもあります。

仮に、今回の合格ラインが6割基準の90点だとしたら、私がこれまでブログで紹介してきた勉強法やテキストを用いても、8割以上の受験生が不合格になっていたでしょう。

しかし、蓋を開けてみれば史上初の5割以下のボーダーである72点という例年から見れば信じられないような低水準と、19%弱というこれまた驚きの合格率です。

私はブログ開設当初から、過去問重点勉強法で、90点を目指そうという趣旨で展開してきましたが、第25回の試験結果を受けた上で、相対評価が続く限り、合格点+10点くらいの範疇ならば、例え出題傾向がまた変わったとしても、これまで紹介してきた一冊を徹底的にこなす式で到達可能だと見込んでいます。

出題傾向が変化する度に浮き彫りになりますが、奇問•難問が如実になっている反面、確実に取るべき基礎問題や頻出問題さえとりこぼさなければ、受かるようになっているからです。

瞬時に判断出来て、取捨選択できるようになるためには、確実な知識と自信が欠かせなくなってきます。

それを培うためにも、反復徹底勉強法があるのです。

加えて、福祉新聞を読んだり、時事ニュースに関心を持つことと、前哨戦として他資格を受けて試験慣れすること、読者をして読解力を深めることなどの積み重ねで、+αの点を取得できるでしょう。

長くなりましたが、第26回の試験対策として、私の基本的な考え方を書かせていただきました。