社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士の次に目指す資格は

第25回試験に合格された方の中で、社会福祉士の次に目指す資格を掲げている方の声がありました。


ステップアップとしてよく出るのが社会保険労務士ですが、他にも、成年後見を専門に扱うために、行政書士を受験されるとの声もありました。


両資格とも、合格率10%を切る難関の業務独占資格で、最近は、業務の幅を広げるために、これらの士業資格を取得済みの方が通信制の学校に入学して、社会福祉士取得を目指しているパターンも増えているようです。


私は社会福祉士登録後に、下記の資格を取得してきました。


心理相談員
認知症サポーター
ほめ達検定
コミュニケーション能力認定資格

3月に受けたメンタルヘルスマネジメント検定は結果待ちです。


どれも、社会福祉士と比べると試験難易度は高くはない(中には講習を受講すると認定されるものも)のですが、関連資格としてそれぞれ学びと得るものがありました。

これから業務に必要な福祉資格として、ケアマネや介護福祉士試験を受験される方もいるでしょう。

始まりの春として、新しいスタートが楽しみですね。