社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士試験の前哨戦としてオススメの試験その1

社会福祉士国家試験日は来年の1月ですが、今回と次回で出題内容が類似・関連している試験を紹介したいと思います。


今回は、私が今年の3月に受検したメンタルヘルス・マネジメント検定を紹介します。

※受検体験談はこちら

メンタルヘルスマネジメント検定とは<以下Wikiペディアより引用>

大阪商工会議所は2006年度より、心の不調の未然防止と活力ある職場づくりを目指すため、職場内での役割に応じた知識や対処方法の習得の程度を検定する。

メンタルヘルス・マネジメント検定において習得を目指すのは、精神科医などの医師や臨床心理士のような専門家に要求される高度な精神医学/臨床心理学的専門知識や心理療法・心理カウンセリングの臨床的技術ではなく、主に、精神疾患の予防に向けたメンタルヘルスに関する基礎的知識や、外部心理職専門家との連携の際に必要となる知識である。

  • I種(マスターコース 対象:人事労務管理スタッフ、経営幹部)
    • 自社の人事戦略・方針を踏まえたうえでメンタルヘルス計画、産業保健スタッフや他の専門機関との連携、社員への教育・研修等に関する企画・立案・実施ができる。
  • II種(ラインケアコース 対象:管理監督者(管理職))
    • 部下が不調に陥らないように普段から配慮するとともに、部下に不調が見受けられた場合には安全配慮義務に則った対応を行うことができる。
  • III種(セルフケアコース 対象:一般社員・新入社員)
    • 自らのストレスの状況・状態を把握することにより、不調に早期に気付き、自らケアを行い必要であれば助けを求めることができる。
  • 合格率公式ページより

    第13回 2012年11月4日(日)実施

    Ⅰ種(マスターコース)16.5%
    Ⅱ種(ラインケアコース) 54.5%
    Ⅲ種(セルフケアコース)
     83.2%



    試験日

    第15回2013年11月3日(日)
    第16回2014年3月16日(日)

    申込み期間

    第15回:8月28日(水)~9月27日(金)
    第16回:1月8日(水)~2月7日(金)

    ---引用ここまで---

    本試験対策としてオススメのテキスト・問題集です。


    メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト 2種 ラインケアコース



    改訂版 メンタルヘルス・マネジメント(R)検定試験II種(ラインケアコース)重要ポイント&問題集



    ひとりで学べるメンタルヘルス・マネジメント検定2種 第2版



    メンタルヘルス・マネジメント検定試験II種過去問題集〈2012年度版〉




    メンタルヘルス対策が重点化されている時代背景を受けて、受検者数は増加傾向にあります。

    具体的には、心理・医学の基礎知識や関連機関との連携、メンタルヘルス支援分野が社会福祉士試験科目と共通しています。

    私はII種ラインコースを約2週間の勉強期間で臨みましたが、試験難易度は社会福祉士試験よりも容易でした。

    出題内容がクセのある問題が少ないこと、4択であること、科目内容が生活に密着しているものが多いこと等が特徴です。

    次回は11月の試験日程なので、社会福祉士試験の前哨戦としてもオススメします。