社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



ダメなときほど運はたまる

ダメなときほど運はたまる ~だれでも「運のいい人」になれる50のヒント~ (廣済堂新書) 萩本欽一

 

社会福祉士をはじめとした資格試験を受験する上では、「運」の要素が影響してくることは再三申し上げてきましたが、本書では、欽ちゃんこと萩本欽一さんが自身の半生を振り返って、運の貯め方や逆境の考え方を指南しています。


冒頭に「不運なときに運は芽生える」「失敗は運の定期預金」といったメッセージが書かれています。


不運が続いている人には、きっと大きな運が待っている。人生は、運と不運が交互にやってきて、

最後は五分五分でチャラになる。

何度も何度も失敗していると、いつかそれに利子がついていい運につながる。


紆余曲折を経験してきた欽ちゃんだからこそ伝わってくるものがあります。


欽ちゃんは40代になってから、物事の見方を広げるために、河合塾に入って大学受験の勉強に励んだ時期がありました。

大学には入学しませんでしたが、その経験を通して、「人生に無駄なことは一つもない」と振り返っています。

人生に自信を失った時、挫折を感じている時などにオススメしたい一冊です。