社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士試験を見送った仲間たちが

第24回試験を受験した同級生で、あいにく不合格になってしまった人の中で、「今年度の受験は見送る」という声が集まりました。

その理由として一番多かったのは、

「現職の必須資格ではないから」という声が挙げられています。


社会福祉士に受かっても、必ずしも相談業務を担えるわけではない。
介護職を五年続けているから、実務に直結するケアマネを受験する。

というA君や、


去年介護福祉士に受かったから、社会福祉士のモチベーションが落ちてしまって。
介護福祉士は実務に直結しているから、ヤル気が違った。
社会福祉士は資格手当てが出るから受けようとしていたんだけど、今いち乗り気になれなくて。

というBさん。


新卒で、社会福祉主事任用資格で採用試験を受けたら、晴れて採用されたC君は、新米職員だから毎日が多忙すぎて、受験どころではないとのこと。




そんな彼らが、第27回試験の受験を考え出したようです。

その理由は、「資格を取得して、ステップアップしたいから」と言った理由だそうです。

A君は、今の仕事に就いてから1~3年が経ったことで、業界の実態や、今後の展望が見えるようになってきたそうで、社会福祉士を取得して転職を視野に入れたいと語ってくれました。

例え転職につながらなくとも、資格を持っていることで、可能性が広がるから挑戦したいという気持ちに変化したそうです。


資格を必要になった時こそが変わるチャンスですよね。

受験資格とやる気さえあれば、いつだってチャレンジできることを彼らの背中から教えてもらいました。