社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



ケアマネと社会福祉士の試験難易度比較

第19回と24回社会福祉士試験と、今年のケアマネ試験を受けた友人に、

社会福祉士とケアマネ試験って、実際のところどっちの方が問題が難しいの?」と聴いたところ、


「問題自体は社会福祉士試験の方が難しいよ。何て言っても科目数が多いからね。社福を去年勉強しておいたおかげで、ケアマネ試験で満点に近い得点が取れた分野があった。社会福祉士試験と出題がかなり被っていた」と答えてくれました。


加えて会社で、ケアマネに合格した後に、社会福祉士試験を受験して一発合格を果たした先輩にも同じ質問をしたところ、「社会福祉士試験の難易度を10としたら、ケアマネは4くらい」と比較されていました。


その理由は、先の友人と同じく、社会福祉士試験は出題科目が多いことに加え、覚えにくい歴史問題が出るのことに苦戦した。


ケアマネ試験は実務・サービス的な問題が多いから断然解きやすかったと答えていました。


近年のケアマネ試験の合格率は、社会福祉士試験と同様20%を切っています。

合格率だけに着目すると、ケアマネの方も相当難しそうに感じられますが、受験数や受験母体、受験資格要件がそれぞれ異なるので、合格率だけでは判定できないようです。