社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



運の大きさが合否を左右する

このブログで再三申し上げている受験アドバイスの一つとして、





の大きさを改めて取り上げたいと思います。


「運も実力のうち」という言葉もあるように、社会福祉士試験は、運の良し悪しが大きく合否に影響してきます。

毎年あと1点、2点で落ちる方、全体で合格ラインを突破してしているもの、0点科目が生じたため、不合格になる方もいれば、合格ラインぴったりで受かる方も少なくはないのです(実際、私の知り合いの合格者で一人いらっしゃいます)。

運という言葉でこの差を表現できるわけではありませんが、自分の実力以外の要素で合否の紙一重が分かれる現象が、この試験の場合あり得るのです。


「絶対に合格したい!!」という強い志の方は、やはり本番でも強いです。


運の大きさについては、秋元康さんも『仕事学』において、下記のように触れています。

エジソンは99%の汗と1%のひらめきだって言ったけど、僕は、98%の運と1%の努力、1%の才能だね。努力と才能を軽んじているわけではなくて、それがないと100%にならないんだけど、やっぱ運なんだよね。



先日、早慶に合格する大学入試受験生と、不合格になる受験生との違いは何かという、ベテラン予備校講師へのインタビューを拝見したところ、


合格する受験生は、


「絶対に受かるという強いメンタルがある人間」と「技術面」


の二つを兼ね備えていると分析していました。


この点は、社会福祉士本試験においても共通しています。

それほどメンタル面が大きいのです。


運がメンタル面と関連しているのだとすれば、これから本試験当日まで、どんどん運が良くなるような工夫をしていくことをお勧めします。

以前紹介した、「私は運が良い、ツイてる」というつぶやきでも良いですし、この時期になるとスーパーやコンビニで売っているスナック菓子の「ウカール」「キットカット」等を購入するのもメンタル面に良い影響があるかもしれません。

1月1日にアップしたキットカツ画像もオススメです(笑)


どんな方法であっても、自分がその気になれればいいんです。

カールの合格神社のサイトと、キットカット受験生応援商品リンクをお知らせします。