社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



もしもの先は希望的観測に変換!

もしも本番で見たことのない問題が出題されたら、どうしよう。

もしも問題集で覚えた問題とは違うものがたくさん出題されたら、どうしよう。

もしも苦手分野で解けない問題が連続で出されたら、どうしよう。

もしも一つでも0点科目が出てしまったら、どうしよう。



「もしも」が具現化したら、不安で仕方がないよ・・・・・・。



本試験が近づくにつれて、「ifストーリー」を想像されて戦々恐々とされている方の声が目立っています。

その気持ちは痛いほどよく分かります。



しかしながら、「出ないお化け」という言葉があるように、蓋を開けてみれば、案外楽に進んで、想像の世界とは違っているケースが大半です。


試験問題は、未知の相手だけに、悪い風に妄想したら止まらなくなります。


みなさんには、これまで努力してきた蓄積があるのですから、たとえ冊子に何が書かれているか判らない国家試験だとしても、振り切れるはずです。


150点中の90点を取れれば合格ラインなのです。

その年の出来にもよりますが、6割以下の80~89点でも受かる場合もあるのです。


極端な話、分からない問題が60問あっても、合格できる仕組みになっています。



案ずるよりも、産むが易し。


この試験は、これまで苦労されてきた人ほど、実際には、結果がしっかりついてくるようになっています。



もしも、想像していたよりも本番での手ごたえがあったならば。



その先に待っているのは合格と言う二文字です。


私は日々努力されているみなさんの声を聴いていると、このような希望的観測ができます。


ブログをご覧の受験生がそうなるように、私は願っています。