社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



第27回社会福祉士試験の合格ライン予想について

試験が終わった今、気になるのはやはり今年のボーダーですよね。

社会福祉士試験においては、一部の講師と機関がサンプル結果や予想点、試験全体の講評を公開しています。

昨年度と一昨年度の例で言えば、

中央法規(けあサポ)、『見て覚えるナビ』筆者の伊東講師、小高塾、そして赤マル福祉があげられます。


伊東講師は、ご自身が解いてみた感覚から見解を述べていらっしゃるようです。


小高塾では、塾生の試験結果をもとに作り出しているようです。


赤マル福祉では、Web上で集められた受験生の自己採点結果からサンプルデータを集めて、受験生の平均点等を割り出しています。


特に受験生の間では、赤マル福祉の平均データが合格ラインを推測する上では大きな目安となっております。


この点については、後日別の記事にて改めて説明いたします。

赤マル福祉では、随時集計されたサンプル結果を開示していくようなので、みなさんもぜひご利用してみてください。

赤マル福祉集計ページ

※本日午後20時以降自動採点開始するようです。