社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



私の人生なんだったん?

9年ほど前に、20代OLの相談者様が私に残した言葉が、今でも脳裏に焼き付いています。




私の人生なんだったん?




仮にAさんとします。

当時Aさんは、仕事も人間関係もうまくいかずに、鬱病に苦しんでいらっしゃいました。

あることをきっかけに入院に至りましたが、退院後に初めて発した言葉がこの一言でした。


きっと、病室からこれまでの人生を振り返っていたのでしょう。


その問いに対して、当時の私は適切な言葉が送れませんでした。


インターネット上における文字媒介のやり取りだったので、自分の無力さを痛いほど感じました。


言葉じゃ何とでも美辞麗句は飾れるけれど、この気持ちは伝わらない。


今すぐにでも傍に駆けつけてただただ耳を傾けたい。


でも、私にはできませんでした。


そんななりふり構わないような勇気がなかったからです。




それから間も無くして、Aさんは私のもとから去って行きました。


その後の行方は知るよしもありません。


今でも道に躓いた時に、Aさんのあの言葉が反芻します。


相手に寄り添うという上で、文字媒介の限界を感じた私は、その後オフラインの世界に飛び出し、直接相談者様と対面できるような支援に移行してきました。



自分の人生に失望して、明日を見失い、怯えている人間に対して、自分の力がいかに微力かを今でも感じています。


「私の人生なんだったん?」の答えを模索しながら、今日も相談者様の返事を返しています。

きっと私自身の生きる意味にも共通している気がするからです。