社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



受験体験談その3 -共通科目試験開始-


問1は、医学一般「人体の構造と機能及び疾病」についての問題でした。

ファーストインプレッションは、「これ過去問から出されたことがないよ!」
という、初受験の洗礼を受けたような動揺が走りました。

問2、4、5等を見ても、過去問から見たことがないような初見問題が
襲ってきて、過去問一点集中主義で臨んだ私は不安が生まれました。

過去問の中でも得点率の高かった「心理学」の問題はそれなりに
解けたのですが、一安心するやいなや、「社会理論と社会システム」の
あまりの難解さに思考停止しそうになりました。

そんな私をさらに追い詰めるかのように、苦手だった「現代社会」の問題も
全く手ごたえのないまま次へと進みました。

時間は限られていたので、凹む猶予もなく次から次へと問題をこなしました。


暗中模索で試験迷路の中を右往左往しているうちに、あっという間に
イムリミットの2時間が過ぎてしまいました。

全76問を解き終えた頃には、残り5分くらいしかなかったので、
見直しなどができる余裕がありませんでした。

こうして、初受験の午前の部が終わりました。

他のクラスで受験した同級生と合流するために、この場を後にしました。

もはや、私の試験の手ごたえがどんなものだったのかは、大方予想が
つくでしょう。

自信を持って解けた問題は全体の1割くらいで、残りの9割は、
正解できている自信が全くありませんでした。


「完全に不合格になった」「0点科目もあるに違いない」という、悟りに
近い気持ちに心が支配されていました。


社会福祉士の試験はこんなに難しかったのか。
たった40日くらいの勉強で、過去問オンリーで太刀打ちできる
ほど甘いものではなかった。



いっそのこと絶対不合格だからこのまま帰ってしまいたいという
気持ちすら芽生えていました。

心が折れてしまう寸前くらいの落ち込みようでした。

独りだけならば、こっそりと帰ってしまうこともできましたが、一緒に受験
をした同級生とお昼を食べる約束もあり、試験終了後に飲み会に行く
予定もあったので、自己完結ドロップアウトは許されませんでした。

続く