社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



受験体験談その6 -自己採点の結果-


友達との飲み会を終えて、自宅に帰った頃には夜半を過ぎていました。

同級生との飲み会は試験の慰労会(不合格残念会)みたいな出だしで始まり、
後半は現実から目を逸らすかのように、試験の話以外で盛り上がりました。
心の中はぽっかり空洞が作られたような気分でした。

家に置いていった携帯電話の画面を確認すると、10件くらいのメールが
届いていました。

どれも、社会福祉士の受験を受けた同級生達からの連絡で、
馬鹿正直に携帯を家に置いていったのは自分だけだったようです。

PCを立ち上げて、ネットに接続すると、模範解答のサイトを探しました。
けあサポ(中央法規)というサイトが解答を出していたので、閲覧するた
めに、簡易登録しました。

あれだけ、共通科目の出来が悪かったのに、自己採点の結果、
5割くらいの得点を取ることができました。

そして、何より嬉しかったのは、恐怖の0点科目が一つもなかったことです。
2点科目は2つありましたが、1点科目はありませんでした。

続いて専門科目を採点すると、7割弱の得点率が取れました。
やはり、一カ月をかけて反復学習した成果があったようです。
しかし意外だったのは、児童分野が1点だったことです。

一つのサイトだけでは信用できなかったので、翌日以降に発表された
ユーキャン、東京アカデミー、LEC等の大手資格学校の模範解答も
確認しました。

それでも、点数の誤差は±1でした。

前に触れましたが、試験前日4日前に第23回試験の共通科目を解いて
みたところ、全体の4割しか出来なかっただけではなく、0点科目があった
ために、初めて相当な危機感と焦燥感に駆られた出来事がありました。

それから、必死になって残り4日で、合計24時間程度の最後の追い
上げをしたわけですが、第23回午後の専門科目を初めて解いた時に、
児童分野と更生保護が満点だったので、すっかり慢心に浸っていました。
蓋を開けてみたら、第24回の試験はその2つが壊滅的だったのです。

正反対だったこの結果を鑑みても、本試験は魔物です。

これによって、1点科目が1つあり、マークミス等の見えない不安と
合格発表までお付き合いすることになりました。


さて、気になる自己採点の結果ですが、85点を超えることができました。

各社で問96が3と4で割れていたため、この1問次第で1点が左右する
ことになりましたが、それを除いても、恐らくボーダー上に位置するのでは
ないかと考えられました。

あれだけ試験中と終了後に、絶望の淵にいた私ですが、模範解答の
結果は、まさに地獄に仏でした。


「もしかしたら受かるかもしれない」という希望が俄然湧きました。

この後に不適切問題の恐怖、予想ボーダーの恐怖などに翻弄されながら、
合格発表までの45日間を過ごすことになります。