社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士試験の前に受ける試験

社会福祉士試験の勉強を開始してみて、レベルが高すぎてとても受かる自信がないと、気後れしている方に向けた記事になっています。

勉強に慣れていない初期の時点ならば、そう感じられるのも無理はないでしょう。

ところが、ある程度の分野を自分なりに努力してみても無力感が拭えないようならば、一度社会福祉士試験の前に他資格を受験されてみる方法をオススメします。

私自身が社会福祉士試験の3ヶ月前に、宅地建物取引主任者試験を受験したように、他資格への挑戦を経た流れで社会福祉士試験を受けると、ハードルが低くなるように感じられて、モチベーションが維持できるメリットがあります。

前哨戦になる他資格を受験することで、勉強のリズムが生まれ、合格という結果が出れば、上昇気流に乗って自信を持って臨めるようになるでしょう。


実際に、一度社会福祉士試験に不合格になった方が、翌年に介護福祉士試験を受験して合格できたことで弾みがついて、社会福祉士試験にリベンジ合格を果たせた方もいます。


自分は社会福祉士試験の勉強だけでいっぱいいっぱいで、とてもじゃないが他資格受験なんて考えられない!

という声もあがりそうですが、毎年多くの受験生が本腰を入れる11月前後までに受けられる試験はたくさんあります。

社会福祉士試験と共通項目があるFP、宅建メンタルヘルスマネジメント検定、福祉住環境コーディネーター、ケアマネ試験などもありますし、教養を深めて試験慣れするという点では、英検、漢検TOEIC試験でも良いでしょう。

少し背を伸ばせば達成できるような試験や階級をオススメします。


社会福祉士試験は、年々読解力、思考力、実践力、教養を求められるような傾向にありますから、全ての経験が本番で+αとして役に立てるはずです。