社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



長友家の教え

心は、強くなる ~長友家式 人に愛される子どもに育てる 五感の方程式~ 』 長友りえ著


 


サッカー日本代表およびイタリエセリエAの名門インテルナツィオナーレ・ミラノに所属する長友佑都の母親、長友りえさんが書いています。

著書では「子供の自立を促すために黙って見守る子育て」「諦めない心を根気強く諭す」「あまり叱ったことがない」などの子育て法を具体的なエピソードを添えて紹介しています。

長友佑都の強い精神力の秘訣と、サクセスの背景を、母親の子育て過程から学ぶことができます。

りえさんは短大卒業後、22歳で高校の2年先輩だった元夫と結婚します。

紆余曲折あって佑都が小学校3年生の時に離婚します。

佑都はサッカーに挫折した時期もあったそうで、次のような有名なエピソードについても触れています。

小学6年の時に地元の愛媛FCのジュニアユースから漏れ、中学ではサッカー部に入部したものの、部活に行かずにゲームセンターに入り浸りました。

そんな時、母親として「居場所が分かっているから便利」と前向きに考え、わが子を信じて見守ることを決意したそうです。

「今日も佑都のために、仕事をしてくるよ」と知って欲しくて、夏休みでもずっと遊んでいたゲームセンターにまで、わざわざ弁当を届け続けたそうです。

まもなく、佑都は大切なものに気付き、部活に参加するようになったそうです。

シングルマザーになった後も、冠婚葬祭の司会業をしながら1人で長女、長友、次男の3人を育て上げ、それぞれ私立大学まで卒業させます。自身の経験から、学歴だけは残してあげたいという思いが強かったようです。

巻末には、イタリアに渡ってから交わした母子間の手紙、「スタミナつけて、勝負力アップ!」と題した長友家のカレーのレシピも紹介しています。

以前、マツダデミオのCMで親子競演している姿をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、現在は、長友家流子育て法を伝授した講師セミナーや、食育セミナー活動も行っているようです。

また、2012年4月には、親子の絆をテーマにした、佑都のお気に入り歌手であるET-Kingの「mother」も発売しています。

子どもを信じて待つ教育、夢を全力で応援する子育て術を見て、得るものがあります。


上昇思考幸せを感じるために大切なこと 』 長友佑都







40万部を超えた前作『日本男児』に続く長友佑都の新作です。


初版14万部発行されるほどの反響があったようです。

ミリオンセラーになった、日本代表キャプテン長谷部誠著の『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 』の売り上げ金と同様に、東日本大震災で被災した方々に印税の全額を寄付したことでも知られています。

前作は、インテルに入団した後までの生育過程を中心に描かれていましたが、今作は、佑都の成功哲学・ポジティブシンキングの秘訣を中心に、逆境を乗り越えるためや自己実現のヒントを教えてくれます。

アスリートの生き様からは多くのことを学ばせてもらえます。