社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



国家試験は過去問だけでは受からない!?

近年の法律系国家資格(宅建試験、行政書士試験、社労士試験)の試験傾向を見ていて、つくづく感じることですが、


過去問をただ丸暗記しただけでは、合格できないレベルになってきているということです。



平成18年以降に試験改正してから難化傾向になった行政書士試験や、平成21年から実務に伴ったような応用力が求められるように変わった宅建試験。

2013年に合格率5.4%という最低水準を記録した社労士試験。

そして出題傾向にそれほど極端な変化が見られないものの、合格点が大幅に上がった相対評価社会福祉士試験を見てもそう感じています。



行政書士試験では、受験勉強で得た知識をベースに、問題の主旨に沿って的確に使い分けることができるか、文章から登場人物の関係図をイメージして、解答を導き出せるのかを求められているような出題がベースとなっていました。


人によっては、法的思考と解釈している方もいらっしゃいますが、思考型の問題が軸となっていました。


行政書士試験は、3時間という限られた時間の中、記述式を含めた全60問を忍耐強く解くことが求められています。

社会福祉士試験が全150問あるだけに(午前・午後で分かれますが)、60問という数字だけを見ると、「180分もあれば、なんとか解けるのではないか」と思われるかもしれませんが、行政書士試験は、近年の社会福祉士試験のように問題文と選択肢一つ一つが長文化しているという点が共通しています。


近年の宅建行政書士社会福祉士国家試験のどれを並べてみても、過去問をただ闇雲に詰め込んだだけでは、合格ライン突破のためには大変厳しくなっています。


例えば宅建試験も受験生の質によって合格ラインが上下する相対評価なのですが、平成22年と23年の2年連続7割以上を取らないと受からないという高水準であった事実を見ても、基礎力を身に付けていることが当然であるようになっています。


資格取得者数が潤っており、社会から求められる水準が高くなっていることもあげられますね。



社会福祉士試験では、過去問から言い回しを変えたような類似問題が出題された時に、短時間で冷静に解答できる瞬発力、判断力が求められます。


そして、運の力も影響します。


ランダムに出題される行政書士試験の一般知識問題は、この運によって、合否が左右されると言われていますが、社会福祉士試験においても、「なんでこんな問題が出るの」「そんなの聞いたことがないよ」というような初見問題が必ず出されます。


そんな近年の試験に合格するためには、基礎力を確実に身につけていることが必須で、「なぜそのようになるのか」を理解していて、実際にその知識をどう活かせるのかの知恵を発揮できるかどうかが要です。