社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



当たり前のことだけれども重要な体調管理

寒暖の差が明らかに出てくるこの時期は、風邪やインフルエンザ等に感染してしまいやすい時期です。

 みなさんの周りにもかかっている人がぼちぼちいらっしゃるかもしれません。

来年に本番を控えている受験生のみなさんにとっては、他人事ではありません。

どれだけ事前勉強に力を入れて、満を持して本番に臨んでも、コンディションを悪くしたら、本番で実力を発揮できなくなってしまいます。

社会福祉士試験は、午前・午後に分かれて、全150問もの大量問題を解くので、万全な体力ぬきでは立ち向かえません。 自分に限って、病気はない。

このように安心しきっている方も多いでしょうが、本番が近づいてくるとストレスやプレッシャーがマックスになって、体調を崩してしまうケースは往々にしてあるのです。

 実際に、第24回本試験を受けた同級生の中で、普段は健康が売りくらいに元気ハツラツだったのに、試験直前に胃腸炎になってしまい、バッドコンディションのまま試験に立ち向かった人もいますし、前日まで熱が出て、マスクをかけながら、何とか受験した人もいました。

 残念ながら、前者の人からは、不合格になったとの報告を受けましたが、社会福祉士は体がダウンしたまま受験するのには厳しい内容だと思います。

年に1回しかチャンスがない社会福祉士試験において、風邪をこじらせたから、本調子になれなくて落ちてしまったでは、悔やんでも悔やみきれません。

将来がかかっている人ならばなおさらです。 ちょっと怖がらせるような警告をしてしまいましたが、日頃から体調管理に注意していれば、大丈夫です。

外出時はマスク着用、手洗い(消毒)うがい、防寒対策を徹底してください。


合格を勝ち取るためには、勉強はもちろん、こうしたこまめなセルフマネジメントが重要になってくるのです。