社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士に受からなくても、困らないという考え

社会福祉士資格を取ったところで、仕事に活かせるわけではないからなぁ……。

受かって損はないけど、ただでさえ忙しい中、勉強の時間に割くのはもったいない。

どうせ受かっても、給料が上がるわけでも、部署が変わるわけでもないし。




こういう心理が働くと、不合格ルートに直結してしまいます。

いまいち学習にやる気が出ないまま、本番を迎えることになるからです。

また、勉強のスランプに陥った時に、そのまま逃げの姿勢に走ってしまいがちです。

当たり前のことを言っているようですが、意外とそのようなモヤモヤを抱えたまま受験に挑む方は多いのです。

私の友人や職場の先輩もそうでした。

卒業できることが第一だから、来年受かればいい。だから、今回は全く勉強してないよ。

仕事に直結する介護福祉士にはストレートで受かったけど、社会福祉士は現職では必ずしも必要じゃないから、どうもやる気が出ないんだよね。


今年で2回目だけど、仕事が忙しくてまた落ちそうだわ。



結果がどうだったかは、みなさんの予想通りです。
いわゆる記念受験組が、毎年かなりの数いることで、合格率やボーダーの下落に影響しているのです。

スランプに陥ったり、勉強のモチベーションが下がってしまった時に、自分が何のために社会福祉士国家試験を目指すのかをもう一度振り返ってみてください。