社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



もしも試験中に同じ番号が連続で続いたら

「同じ番号が連続しているから、間違っているんじゃないか。

でも、問題を見直しても、その解答以外に考えられないし・・・どうしよう」


本番で数問連続で同じ解答が続いた場合、このような不安が脳裏によぎる瞬間が到来するかもしれません。



平成23年度の宅建試験中のことでした。


同じ解答が4連続で続いたため、不安と恐怖に襲われました。
  
問34~37が4連続で「1」の解答になったのです。

それだけでなく、問38~39が「2」で2連続、問40~43まで、「4」で4連続で続きました。


まとめると、自分の解答が、問34~43までが「1111224444」と、連番で続いたため、解答に自信が持てなくなったのです。


公式解答は、111122444です(1問だけ間違っていました)。



自分が導き出した解答に自信がないと、同じ番号が連続で3回続くだけでも、「本当に合っているのだろうか」と、不安がよぎるものですが、4つも同じ数字が続くと、本当は合っているのに、まるで不正解を選んでしまったような錯覚に陥ることがあるかもしれません。

こうやって文章で見ている分には、自分に限ってはそんなことはないと思えるものですが、いざ本番になると、冷静さを欠いてしまうことがあります。


ですが、そこで不安に負けずに、解答を変えるのは止めた方が良いでしょう。


どの試験においても「1点」で合否が左右するほど1点に重みがありますから、一時の不安や邪推に惑わされずに、自分の直感と、学習歴を前面に出して、自分が選んだ解答を信じて提出してください。


もしかして試験製作者は、あえて連続で同じ正解番号を用意することで、受験者が惑わされずに自分の解答を出せるか試しているのかもしれません。