社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



合格率4%の気象予報士を手にしたアイドルの未来には

26日の朝、至る所でニュースになっていましたが、アイドルグループジャニーズJrのユニット「Snow Man」の阿部亮平(21)さんと、岸本慎太郎(19)さんの両者が気象予報士試験に合格を果たされました。


気象予報士といえば、合格率が4%という高難易度の業務独占国家資格です。

今回の受験者数は3153人で合格者はたったの125人です。

その中に2名が含まれているわけです。


両者の目標はお天気キャスターとしての番組出演だそうです。


ジャニーズのウリである、ダンスを組み込みながら楽しい天気予報番組を描いているようです。


調べたところ、阿部亮平さんは、現在上智大学理工学部(4年生)に通っているようです。


河合塾の偏差値を確認したところ、60を超えています。

今年の夏には、学業優秀賞を獲得したという偉業を成し遂げています。

(ソースは上智大学通信7月27日発行号より)

入学の形態は推薦やAO入試ではなく、一般入試で合格を果たした実績を持っています。


学生時代からの基礎学力が培われている阿部さんですが、なんと5回目の挑戦で合格を勝ち取ったようです。

この試験がどれほどの難しさが予想できます。

高校時代から受験生活を続けていることが分かりました。

資格を目指したきっかけは、芸能界で武器になるという戦略的思考からです。


試験前には、出演舞台「滝沢歌舞伎」のシンガポール公演もあって多忙を極める中、勉強とメリハリつけながら向き合っていたようです。

継続の決め手になったのは、「勉強が好きだから」だそうです。


「1日2時間と決めて問題を解いてました。好きで勉強していたので苦にはなりませんでした」

と振り返っています。


仕事と学業を両立しながらも、5年かけて難関の気象予報士を合格できた原点には「好きを仕事につなげたい」という、自分を活かすビジョンがはっきり浮かんでいたことがうかがえました。



一方で、10代という若さで合格を勝ち取った岸本さんは、明治大学国際日本学部の1年生です。

河合塾の偏差値は同じく60を超えています。

勉強の基礎力の土台は整っていることがうかがえます。


「人と違う特技が欲しかった」と、高校2年の一昨年から勉強をスタートをして、明治大に入学した今年に4度目の挑戦で合格したようです。

参照:http://matome.naver.jp/odai/2144582160969747601



この気象予報士という資格は合格率一けたが物語っているように、相当な難関資格です。


芸能界では石原良純さんやお笑い芸人のカラテカ矢部さんも合格を果たされていますが、いずれもリベンジ受験で成し遂げています。


2012年に最年少合格を記録した中学1年男子も4度目の挑戦で、女性の最年少合格者の15歳8カ月の女子高生は3度目の挑戦で合格を勝ち取っています。



アイドルグループの難関資格取得は新たな時代の幕開けを感じさせられます。

見事10代と20代前半の若さで気象予報士を手にした二人の今後に注目しています。