社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士取得の次に目指す資格その10「FP技能士」その1



ユーキャンがトレンド予測と資格取得に関する意識調査を実施し、20~40代男女991が選ぶ「
取っておくと武器になりそうな資格」「実際に取ってみたい資格」で3年連続で1位になった資格があります。

それが今回ご紹介する
FP(ファイナンシャルプランナーです。

2014年に取っておくと武器になりそうな資格:1位
2014年に実際に取ってみたい資格:1位

ソース:2014年に武器になる資格は??

2015年に取っておくと武器になりそうな資格:1位
2015年に実際に取ってみたい資格:1位

ソース: 
2015年に武器になる資格は??


2016年に取っておくと武器になりそうな資格:1位
2016年に実際に取ってみたい資格:1位

ソース: 
2016年に武器になる資格は??
  


◆FPとは

結婚する、家を建てる、子供を留学させる、老後は海外で過ごす…など、わたしたちの将来の夢や目標をかなえるためには、まず、実現までの計画をしっかり立てることが大切です。この人生設計が「ライフプラン」です。

そして、わたしたちの夢や目標に対して、総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法が「ファイナンシャル・プランニング」です。

これらの計画を立てるためには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、わたしたちの夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナー、いわば、「家計のホームドクター®」のような存在がファイナンシャル・プランナー(FP)です。


日本FP協会「ファイナンシャル・プランナー(FP)とは」より)



一口にFPと言っても、国家資格である「FP技能士」と、民間資格である「AFP、CFP」が存在します。

以下FP技能士についてご紹介します。



私がこの資格の詳細を知ったのは、2011年頃、「NHK資格はばたく」という番組で福田萌さんが3級を受検するという回を見てでした。

福田さんは2級まで取得されています。


早速書店でテキストを見てみましたが、ものの3分で閉じてしまいました。


計算式の問題がちらほら目に飛び込んできたことが起因しています。


何を隠そう私は極度の数字アレルギーなのです。


小学校時代の算数から高校時代まで、一貫して数学は大の苦手でした。

中学時代はテストで一ケタの点数もあったくらいです。


これまで取得してきた資格の中では、数学能力が求められるものは敢えて避けてきました。


ざっと眺めた感じでは、FP技能士は覚えておけば生活の中でかなり役立ちそうな内容でしたが、数字の羅列を見るだけでアレルギー反応が起きてしまったのです。


というわけで、数字を扱うことが前提のFP技能士試験は「まず自分には無理だ」と諦めてその場を後にしました。




◆FP技能士試験の主催機関って二つもあるの!?

FP技能士の主催団体は、厚生労働大臣から指定試験機関の指定を受けた一般社団法人金融財政事情研究会と、特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)の二つに分かれます。

いずれかの実施するFP技能検定を受検し、合格した場合に、FP技能士の資格を取得することができます。

FP技能士試験は筆記試験で学科と実技試験で分かれていまして、学科の内容は金財とFP協会で共通になっています。

具体的に言うと、学科の出題内容も問題数も、受検料も、合格基準も同じということです。

ただし受検会場はそれぞれ異なります。

参照
FP協会1月試験全国会場一覧
金財過去の受験会場一覧

実技科目については、金財は【個人資産相談業務】か【保険顧客資産相談業務】のいずれかを選択でき、FP協会では【資産設計提案業務】のみになります。

金財で学科と実技を受検して合格するのでもFP技能士、FP協会で学科と実技を受検して合格するのでも同じFP技能士です。

いずれかの団体の学科と実技を両方合格すればFP技能士が認定されます。

また、FP技能士は学科と実技を別々に受検できるので、例えば学科だけ最初に受けて合格したら、後で実技を受検するという選択も可能です。

その場合は翌々年度の年度末試験まで学科試験免除の効力が生じます。

ですから、免除期間は学科をすっ飛ばしていきなり実技試験を受けることも可能です。

金財で学科試験を合格した後に、FP協会で実技を受検する場合も、学科の免除は適用されるので、実技のみFP協会を後で受けるということも選択できます。

◆検定料

3級 学科3000円 実技3000円(金財・FP協会共通) 
2級 学科4200円 実技4500円
1級 学科8900円 実技20000円(FP協会)25000円(金財)

◆合格基準

6割合格の絶対評価

※3級の場合

【学科】 
全60問 60点中36点以上 1問1点(金財・FP協会共通)

【実技】 
金財 全15問 50点中30点(問題によって配点が異なる)
FP協会 全20問 100点中60点以上
(問題によって配点が異なる)

◆試験時間

※2級と3級の場合

学科120分 実技60分(金財・FP協会共通)
学科120分 実技90分(金財・FP協会共通)

◆受検資格

※2級と3級の場合

3級・・・・・・FP業界に従事している者または従事しようとしている者(原則誰でも受けられます)
2級・・・・・・3級合格者、FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者、日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者、厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者のいずれか

◆試験形態

3級・・・・・・科目と実技ともにマークシート形式
2級・・・・・・科目マークシート形式、実技一部筆記



学科は「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」
の6科目から出題されます。

実技は実際にファイナンシャルプランナーとして業務を遂行するにあたって、必要な知識を事例問題な等から解答するという形式です。


3級の受検データを眺めてみる限り、年々受検者数が増加しているようです。

住宅ローンや年金制度など、自分の資産運用として基礎知識が学べる3級は生活に密着している資格試験としてとっつきやすいです。



でも、あなたFP持ってないんでしょ?

っていうか諦めたのによく紹介なんて出来るね。



グサッ!!



一番痛いご指摘です。



はい、私はFP技能士は持っていません。



でも、諦められなかったので、受検してきました。



1月24日日曜日、社会福祉士試験日と同日に。


数学アレルギーに苦しみながら受検を目指したアラサー男の運命はいかに!?

続く