社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



多年受験の末の合格というハッピーエンド

ブログを4年間続けていて気付かされたことの一つとして、一発合格者よりも多年受験の末に合格を果たされた方の声が多く寄せられるということです。



第28回社会福祉士試験合格者の声の中でも、


7回目にして受かった!


という声がたくさん寄せられました。


過去の回では、


10回以上受け続けて念願の合格を果たせた!



という方もいらっしゃいました。


そのような血の滲むような経験された方の生声からは、ひしひしと心に響くものがありました。



合格という形を作るまでに、前途多難な時間を過ごしてこられています。


周りの人間は先に合格して、自分だけ置いてきぼりにされた劣等感や焦燥感。


何回もチャレンジし続けることに必ずしも好意的に受け取ってくれない身内の眼差し。


何回も不合格を突きつけられて、もう自分には受からないのかもしれないという絶望感。


とことん自分と対峙する時間を過ごされていたようです。



そういう葛藤や挫折感を乗り越えて、合格を掴み取った後の喜びはひとしおでした。


周りの反応も打って変わって、お祝いムードになったようでした。


諦めないこと、自分を信じ続けることで一つの形を残せたその背中は、遅咲きかもしれないけれども、希望に満ちていました。


今までがうまくいかなかったとしても、諦めなければチャンスが到来することを教わります。


遅咲きの春でも、開花の瞬間は一際美しいです。


まだ時間はかかるかもしれませんが、もしも次回に標準を当てる決意が出来たならば、次こそはみなさんの開眼する番です。



saku1