社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



勉強嫌いの私がなぜ資格取得を目指したのか <高校時代編>

◆高校時代

高校入学後、私の中で勉強のやる気スイッチがONになる転機が訪れます。


1年次は、相変わらず成績がクラスで真ん中くらいでしたが、2年次になって文系クラスに分かれてからは、成績が俄然上がりました。

その要因は、小中時代に苦手としていた数学(算数)や化学(理科)といった理系科目がなくなったことと、成績上位者は、クラスメイトの前で発表されるので、優越感に浸りたいために、向上心に火がついたのです。

中学時代に念願のエアマックスを入手するために、一度だけ勉強に我武者羅になったように、同級生からの「頭が良いんじゃん」という称賛を手に入れるために、スイッチが入ったのです。

早速2年次の期末テストで結果が表れました。
人生初の一桁である4位になれたことから、自尊心が強まりました。

「なんだ、やればできるじゃん」と、眠らせていた自分のポテンシャルに気づくことができました。

クラスメイトから、「頭良いんじゃん」と、私の意外性を評価されたことで、ますますやる気が高まりました。
「できる男」の評価に恍惚を覚えたのです。

3年次になると、最高順位である2位の成績を修められました。

無勉で受けた英検準2級にも合格できたため、上昇気流に乗っていました。

年間通しての好成績の成果があって、学校推薦入試で都内の中堅大学に合格できました。

自分の高校の中では中堅大学合格は、快挙だったので、すっかり慢心を覚えていたのです。

そんな快進撃を進めていた私に、大学入学後初めての挫折が待っていました。