社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



熊本大地震の被害に遭われている方々へ

4月14日夜に熊本県などで発生した最大震度7を観測し大地震の影響が心配で、頻繁に情報をチェックしています。

余震、死者やケガ人の数が増えていければいくほど「もうこれ以上止めて欲しい」と念じていますが、現実は非情だと痛感しています。

熊本から大分県までの地震活動が活発化されているという気象庁からの会見もあり、九州地方にお住まいの方は不安な胸中ではないかと気がそぞろで、なかなか新しい記事が着手できずにいます。

今年の1月の試験でも、熊本は大雪の影響で試験時間が変更したというご報告も頂戴しています。

試験会場に向かうだけでも一苦労だったという声が記憶に新しかっただけに、「なんでまた熊本なんだ」という気持ちが強いです。

このブログをご覧の方の中にも熊本ご在住の方もいらっしゃるのではないかという思いからも今回記事に取り上げることにしました。


九州にお住まいのみなさまにおかれましては、無事に過ごせていらっしゃいますでしょうか?


私は5年前に八代に住む友人に会うために熊本に遠征したことがあり、熊本でも歓待していただいた思い出もあるので、熊本城や商店街等の思い出の地の変わり果てたニュース映像が流れる度に断腸の思いになります。


他方、県や社会福祉協議会には全国から「ボランティアに行きたい」「支援物資を送りたい」という声が相次いでいるようです。


過去の災害ではボランティアが復興の一助になった一方、交通手段や宿泊先を確保しないまま現地に来ることで混乱を広げるケースもあり、支援物資を巡っても、ニーズとのミスマッチが起きたり現地での配布手段がなかったりして、無駄になるケースもあり、全国の受付に待ったをかけている状況のようです。

現在、ボランティアの受け入れ態勢を整えており、益城町は21日からを目標にしているようです。


全国の思いは確かに集まっています。
 

当事者からすればブログを見ているような余裕などないとは思われますし、
現地のみなさんの安全を祈願しております。

きっと大丈夫。

大丈夫だと信じています。
なぐさめる修正3