社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。


第20回精神保健福祉士試験の自己採点投票は、こちらを御覧ください。


第30回社会福祉士試験の自己採点投票は、こちらを御覧ください。


潰されない職業生活の歩み方

クレーム・パワハラ・理不尽な要求を必ず黙らせる切り返し話術55の鉄則―「あなたの心と立場を守る!」』 
 
神岡 真司著




クレーマーをはじめとして、職場で、日常生活で、否が応でもコンタクトせざるを得ない厄介な人、面倒な人、困った人たちへのとっさの対応策を、心理学の理論をベースに、ありとあらゆる角度から取り上げ、実践的に学ぶ。Amazon説明文より>

ビジネス心理研究家の神岡氏が、困った時の具体的な場面を取り上げて、「こんな時に、どう答えるのがベストか」という対処術が解説されています。

イラストや会話例が載っているので、いざ自分が似たような状況に立たされた時に、いかに乗り越えるべきかという模範例を教えてもらえます。

対人面では、自分の意思とはお構いなしに、理不尽で対応しにくい災難がふりかかってくることが多々あります。
そんな時に、相手の思うようにさせていたら、ますますつけあがって、自分はストレスは溜まっていく一方で負のスパイラルに陥ってしまいます。

学校では教えてもらえない、危機を乗り越える具体的なコミュニケーション術を本書が優しく教えてくれます。

SWとしての日々の業務にも使え、これから社会に進出する大学生の方にも自分を守るための防御策としても役に立つ一冊です。




吉岡俊介著

目次

第1章 こんな人が潰れていく
第2章 ストレスについて知ろう
第3章 モードの切り替え術
第4章 会話ができる人になろう
第5章 しなやかな心を養おう



【内容】

シニア産業カウンセラーである私のカウンセリングルームは、オフィス街に立地しているので、ストレスを抱えたビジネスパーソンが多く訪れます。

仕事で辛い思いをしている彼らが決まってする質問がこれです。
「“つぶれない働き方"をするためにはどうしたら良いのでしょうか?」
実は私自身、仕事でつぶれてしまった経験があります。 会社に勤めていたときは、退職直前までは持ちこたえていたのですが、直後に完全につぶれてしまいました。

産業カウンセラーとして経験を積んだ今では、何がいけなかったのか、はっきり分かります。

本書は、私の体験を踏まえ、さまざまな具体例を挙げながら、「つぶれない働き方」のポイントやヒントを盛り込みました。

本書が少しでもみなさまの快適で豊かな生活の実現にお役に立てることができれば、とても幸いに思います。

Amazon説明文より)



「こんな会社は辞めてやる!」と辞表を叩きつけて大手損害保険会社を47歳で早期退職した背景を持つ筆者。

我慢に我慢を重ねた末に、誰にも相談することがなく勢いのまま会社を去ったものの、仕事が人生の全てだった筆者はうつ病に陥ったのでした。

そんな筆者は現在シニア産業カウンセラーとしてカウンセリングルームを構え、多くの相談者に対応している他に、いくつかの自治体において男性を対象にした「悩み相談窓口」の相談としての活動や、講演やセミナーの開催で全国規模で悩める相談者の支援を行っています。

本書は、筆者が退職後のどん底から立ち直った経験をもとに、当時の自分と同じような気持ちに支配されている方々の役に立ちたいという思いで、潰れない働き方を紹介しています。

支援者側ももちろんのこと、働く従業者としても心のメンテナンスを行うための指南書になっています。