社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



新オレンジプランに明記された認知症カフェと認知症サポーター


認知症カフェ」という言葉を聴いたことがあるでしょうか。

受験生や関連者の方はピンときたかもしれませんね。

2015年1月27日に厚生労働省が発表した「新オレンジプラン」において、この認知症カフェについて明記されています。

2012年には高齢者の中で462万人が認知症又は予備軍とされており(7人に1人)、2025年には約700万人(5人に1人)に増加されると推定されています。

オレンジプランは2013年度から進める「オレンジプラン認知症施策推進5カ年計画」に代わるものですが、根幹となる考えは、認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指しています。


認知症カフェについて触れられているのは、新オレンジプランの7つの柱にある「認知症の人の介護者への支援」です。


1.認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進 
2.認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供
3.若年性認知症施策の強化
4.認知症の人の介護者への支援
5.認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進
6.認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデル等 の研究開発及びその成果の普及の推進 
7.認知症の人やその家族の視点の重視 


認知症の人の介護者の負担軽減として、2018(平成30)年度からすべての市町村に配置される認知症地域支援推進員等の企画により、地域の実情に応じ認知症カフェを設置するという目標が新設されました。

認知症カフェの運営母体は様々で、最も多いのはNPO法人です(全体の31%)。

他にも社会福祉法人認知症の当事者たち、市町村や医療機関などの団体が主催してるようです。

開催場所も様々で、地域包括支援センター、介護予防センター、病院や公共スペース、民家など、多岐にわたるようです。

内容については、「認知症の人やその家族が同じ境遇の人と出会い、交流する」「専門家に認知症について相談できる」「認知症の人がコーヒーを飲んで一服できたり、話を聞いてくる人がいる」「認知症の人がスタッフとして参加することで、生きがいが得られる」といった開催場所や団体によって多彩に展開されています。

参加費は無料から数百円といういわゆるカフェ感覚で気軽に参加できるというのが特徴のようです。


主催者やボランティアの担い手として、「認知症サポーター」が活躍しているところもあるようです。

image

※2012年に講習に参加してゲットした物です。



オレンジプラン7つの柱の中の「1.認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進」において触れられていますが、2017年度末にサポーター数を当初の600万人から800万人へと引き上げしています。

平成28年3月31日現在、認知症サポーター数は約750万人なので、このままの勢いならば目標値を上回ることでしょう。

ただ、新オレンジプランの中では、単に認知症サポーター数を増やすことを目的とはしていません。


認知症サポーターを量的に養成するだけでなく、活動の任意性を維持しながら、認知症サポーターが様々な場面で活躍してもらうことに重点を置き、認知症サポーター養成講座を修了した者が復習も兼ねて学習する機会を設け、より上級な講座など、地域や職域の実情に応じた取組を推進するという内容にシフトしています。

認知症カフェで認知症サポーターが活動をするという取り組みは、まさに新オレンジプランに沿った有意義な形ですね。

認知症サポーターになるための養成講座は、都道府県及び市町村の認知症対策窓口や高齢者支援を担当する課にて開催の受付を行っています。

参加費は無料で、講義は60〜90分をめどに行われます。

具体的なカリキュラムは以下の通りです。


 1.認知症とはどのようなものか
 2.認知症の症状について(中核症状と周辺症状)
 3.認知症の診断や治療について
 4.認知症予防について
 5.認知症の方に接する時の心構えと介護者の気持ちの理解について
 6.認知症サポーターにできることとは?



定期的に実施しており、希望者はどなたでも参加できるので、ご興味がある方はぜひ最寄りの自治体窓口やWEBサイトをご覧ください。


ちなみに、今回取り上げた「認知症カフェ」と「認知症サポーター」は、第27回社会福祉士試験専門科目「高齢者に対する支援と介護保険制度」の問126でも出題されています。



問題 126 認知症施策推進 5 か年計画(オレンジプラン)に関する次の記述のうち,正 しいものを 1 つ選びなさい。 

1 オレンジプランは,認知症高齢者施策として,介護保険制度の創設と同時に策定された。 
2 オレンジプランにある「認知症カフェ」とは,認知症の人やその家族を支援するた め,認知症の人と家族,地域住民,専門職等の誰でもが参加でき,集う場をいう。
3 オレンジプランにある「認知症ケアパス」とは,認知症のケアに当たる介護職員の処遇改善の道のりを示すものである。 
4 オレンジプランにある「認知症サポーター」とは,認知症の人に対して,不動産や貯金などの財産管理を行う専門職をいう。
5 オレンジプランでは,若年性認知症施策については,言及されていない。


オレンジプランも含めて試験問題として出題される可能性は大なので、知識として押さえておいて損はありません。



PS:

私も社会福祉士精神保健福祉士受験生の方々や合格者の先輩、福祉業界を志望されている方や現職の方々が集う絶対合格カフェのような憩いの場を開きたいという思いがあります。

いつか実施する際にはこのブログで募集記事を載せますのでぜひみなさんとの交流を楽しみにしています。


関連リンク

認知症サポーターキャラバン