社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



嫉妬をとめられない時にどう対処するのか


嫉妬をとめられない人 (小学館新書)



1章 嫉妬はなぜ生まれ、どのように激化するのか
2章 「嫉妬しやすい人」とは
3章 嫉妬とさまざまな事件
4章 他人の嫉妬からどう身を守るのか
5章 自分が嫉妬する側になったら
6章 嫉妬を前向きな力に変える

  
誹謗中傷、いじめ、嫌がらせ、叱責、孤立・・・・・・。 あなたがこのような目に遭っていたら、その原因は「嫉妬」かもしれない。 

また、あなたが「親しい」と思っている相手が、本当は嫉妬心に燃えた、一番の敵である場合がある。

本書では、精神科医である筆者が出会った様々なケースや、有名人を襲った事例を紹介し、「嫉妬をとめられない人」の心理を解説。 

さらに、他人の嫉妬からどう身を守るか、逆に自分が嫉妬する側になった場合の心得についても詳しく解説する。(冒頭より)



6月8日にOAされた「ザ!世界の仰天ニュース」でもテーマに扱われた「嫉妬」ですが、本書では嫉妬のメカニズムやその影響を、実際に嫉妬によって苦しめられた著名人の事例を沿えながら解説されています。

また、筆者自身も京都大学大学院博士課程修了に加えて、フランスの大学で精神分析を学ぶという高学歴を持ちながら、帰国後に激しい嫉妬や劣等感に悩んだエピソードやその対処の仕方についても描かれています。

嫉妬をされる側だけの観点ではなくて、自分自身が嫉妬に支配された時にどのように対処するのかという角度もいくつかの具体例から解決策が提示されています。

かくいう私自身も日常生活の中で、自分でもコントロールできないくらいの激しい嫉妬に襲われることが幾度かありますが、本書を読んで多くの著名人等の体験談を知ることで鎮められる部分がありました。

3人に1人がFACEBOOKを見る前より見た後に気分が沈み、嫉妬心や孤独感を抱くことが明らかになったという調査結果から始まるSNSによる嫉妬心の増幅等も取り上げられており、身近なところからの影響も知ることができます。


本書に登場する嫉妬エピソードの著名人一例

村上春樹小保方晴子AKB48小泉進次郎竹下登手塚治虫