社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



勉強嫌いの自分がなぜ資格取得を目指したのか <大学時代編 その5>

初めて挑んだ漢検2級は、学習の成果があって、合格することができました。

合格証書が届いて目にした時、「本当に受かったんだなー」という実感が湧きました。

当時は漢検協会の雑誌に合格者の名前が掲載されていたため、自分の名前を確認できた時には、感動しました。

やればできるんだ。

漢検に合格した自分は、初めて実力が形となった喜びを覚えました。

この後、漢検準1級挑戦へと繋がって行きます。


私にとっては、漢検2級合格がその後の資格を目指す上での原点でした。


私は大学入学後、自分の力不足から恥をかいたり、無力感を多々味わってきたことから、自分を変えるために資格挑戦を目指しました。

「資格を取ってなんの価値があるのか」

「就職に役に立たないのなら受けても意味がない」

なんて巷説も多いですが、私は漢検2級に合格できたおかげで、少しだけ自信がつきました。

学内では成績が悪かった私でも、合格によって周りの見る目も変わりました。


合格をすることで、それまで考えもしなかったようなチャレンジ精神が芽生えたり、新しい自分に巡り合えます。

私も漢検2級の勉強をしている最中は、漢検準1級を目指そうという着想は全くありませんでした。

社会福祉士合格後に、FPやケアマネージャー、社会保険労務士を目指される方も少なくはありません。

私の体験から、

「資格を目指すのに早いとか遅いとか、頭が悪いから無理とかはない。やってみよう」


という、プラスの気持ちが芽生えていただければ、幸いです。