社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士と精神保健福祉士のどちらを選ぶか【職の観点から】

私は大学入学前に、社会福祉士を目指すか、精神保健福祉士を目指すか、どちらを選ぶか非常に悩みました。

自分が目指していることのイメージ的には精神保健福祉士に近かったのですが、現実的な精神保健福祉士の職務内容と社会的ニーズというものがイマイチ理解しづらかったことが、社会福祉士を選ぶ理由の一つになったと思います。

社会福祉士は、福祉のエキスパート・ゼネラリスト資格という評判を受けていて、退職後もつぶしが効くと思ったのです。


実際に、ハローワーク地方自治体の求人情報を見ると、「社会福祉士または精神保健福祉士」を条件に掲げている会社が多いです。

私は4年ほど前から自治体の求人情報をチェックしていますが、年々有資格者を条件に掲げている募集が目立っているように感じられます(非常勤中心ですが)。

精神科、神経科などが設置されている病院や医院においては、精神保健福祉士を採用条件に求める職場がちらほら見つかります。

社会福祉士精神保健福祉士のどちらを選ぶかは、自分が将来どのような福祉の道を歩みたいのかが漠然としているから、まずは社会福祉士取得を志すという同級生もたくさんいます。

また、両資格とも合格後は、共通科目が免除になりますし、精神保健福祉士の場合は、社会福祉士取得後は、短期養成学校等で実習期間が短くなるメリットもありますから、社会福祉士合格後に精神保健福祉士を志している先輩も身近にいます。

難易度に着目すると、社会福祉士の方が高めですから、難易度重視ならば、精神保健福祉士を狙うのも良いでしょう。


社会福祉士精神保健福祉士いずれかを取得していれば就職試験に挑戦できる求人が増えていることから、両資格の社会的ニーズがうかがえます。