社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



福祉の仕事の3K

新年度が始まってから一週間が経ちますが、街中にはスーツを纏った初々しい新入社員らしき姿が目立ちます。


介護福祉士として、働いている友人の職場にも、この春専門学校を卒業した、弱冠二十歳の新人が入ってきたそうです。

友人は立場的に先輩に当たるので、その人に、

「どうしてこの世界に入ってきたの?」

と、アイスブレークも含めて尋ねたところ、


「まぁ、福祉の専門学校出て、介護福祉士も受かったばかりですからねぇ……その流れでって言うか。
でも、ぶっちゃけ福祉の世界って3Kじゃないですか。自分は負け組なんですよねー(苦笑)。」


入社して間もないのに、「負け組」「3K」という醒めきったフレーズとその語気に、友人は呆れきってしまったようです。

「あのねぇ、福祉の世界を舐めているでしょ。そんな甘い世界じゃないよ」

努めて冷静に返すと、新入は、

「すいませんでした~(汗)」
という空返事で、その場を去って行ったようです。


よく福祉の世界は、キツイ、キタナイ、キケン(給料が安いとの言い回しもあり)の3Kと揶揄されますが、友人は5年間心身ともに健康体で働いていますし、結婚もしているので、近々マイホーム購入のプランも出ています。

しっかりと使命感と誇りを持って働いている人間も確かにいる中、この世界に対して、偏見や蔑視の目線で門をくぐってくる者も少なくはないようです。

毎度のことながら、そのような者に対しては、仕事上での接し方について悪戦苦闘しているようです。

「他にあてがないから入ってきた」という新卒・転職組は、共通して長続きはしないようです。

いつも友人から職場の話を聴かせてもらうと、福祉職に求められる職員の資質を考えさせられます。

この文章を読んでいて、将来福祉の仕事を目指しているみなさんが、やる気と希望を持って第一線に立てるよう願っています。