社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士の業務と実習、その実情について<特養編>

特別養護老人施設で働いている同級生や、社会福祉士実習経験者からの施設事情を集約すると、社会福祉士が単独で配置されて業務を展開している施設は少数派なようです。

大半の施設は、社会福祉士有資格だとしても、介護+相談・連携業務を兼用しながら、オールマイティな実務を任されるようです。

社会福祉士業務独占資格ではないため、特別養護老人施設内で有資格者は、それほど多くはないようです。

実際に社会福祉士枠には、社会福祉主事任用資格を持っているベテラン職員がポジショニングされている施設も多いようです。

また、実習生活の中でも、最初の1~2週間は、介護の現場体験を課されてから、専門職としての相談・連携実習に移行した同級生もいました。
中には、介護体験だけで24日間を終えた方もいたようです。

実習プログラムに介護体験を組み込んでいる施設は、

「現場を知らずに、利用者のニーズに沿ったサポートは実践できないから」

という意図があるそうです。


このように、社会福祉士有資格(または取得希望者)を扱う特別養護老人施設では、場所によって役割や業務もマチマチなようなので、希望される方は可能な限り事前にリサーチされた方が、ミスマッチを防ぎやすいと思います。