社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



選択肢の言い回しで正誤を見分けるテクニック

試験を解くテクニックとして、問題文を読まなくても、選択肢を比較するだけで、解けてしまう問題も少なくはありません。

出題者の意図をくみ取ることが出来て、正誤の表現を選別できれば、正解を導き出せる問題もあるのです。

近年の社会福祉士国家試験における5肢を一つ一つ分析して行くと、

「提案する」「連携する」「創出する」

というような、SWに求められる対応・役割的フレーズと、

「~すること(場合)もある」という、「例外的」選択肢は正解率が高いです。


反対に、

「指示する」「指導する」

というような、越権行為、押しつけ的なフレーズは、不正解率が高いです。

他には、


拒絶・否定系フレーズ 「~してはいけない」

断言・限定フレーズ 「必ず(絶対)~である」

責任放棄・他力本願フレーズ 「任せる」


これらのフレーズも、不正解率が高いです。

ちなみに、この点は社会福祉士国家試験だけではなくて、センター入試の現代文や、宅建試験等においても共通しています。

世の中には色々な考え方や例外が存在するため、そのように決めつけてしまう表現は、危険かつ普遍性がないという意味で、不適切の傾向が多いのです。

ただし、中には例外が存在しない、絶対的なキーワードも少なからず登場しますから、受験勉強時において、「正しい型」をしっかりとインプットして、本試験で見抜ける力を養うことも重要です。

第25回本試験以降、出題傾向や言い回しに変化がある可能性もありますし、ここで紹介している法則が「絶対的」に正しいというわけではありませんが、参考の一つとして意識してみてください。