社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



新ドラマ「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」の原作紹介

4月10日よりスタートした、草なぎ剛主演関西テレビ系(フジ)火10ドラマ「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」は、調べたところ、原作となるモデルと作品が存在していたようです。

ドラマは、社会福祉士を取った後に、病院内でのMSWを目指す方にもオススメの内容でした。

舞台が病院だけに、ドラマ内には、「カンファレンス」「セカンドオピニオン」等、社会福祉士国家試験用語からのキーワードも登場していました。

以下、原作者の紹介を載せます。異色の経歴の持ち主であることがうかがえます。

川渕圭一(かわふち けいいち)

1959年、群馬県前橋市生まれ。東京大学工学部卒業。パチプロ、数社の会社勤務、1年間のひきこもり生活を送った後に、30歳で医師を目指し、37歳で京都大学医学部卒業。その後4年間、大学病院で研修医として勤務し、その実体験を基にして、『研修医純情物語一先生と呼ばないで』を出版。10万部の大ヒットとなる。

現在はフリーの内科医として働きつつ、執筆活動も続けている。

   

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)

ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)』 

とび出せ!ドクター (研修医純情物語 (旅立ち篇))
 
吾郎とゴロー研修医純情物語 (幻冬舎文庫)

地元の群馬県前橋市紀伊国屋書店では、4月14日に本人によるサイン会が行われるようです。
http://www.kinokuniya.co.jp/store/Maebashi-Store/20120328220000.html